ニュース
» 2008年02月14日 17時10分 UPDATE

講談社、デジタル事業強化に向け統合ライツシステムを構築

講談社は、デジタル事業のビジネス強化に向けて、統合ライツシステムの構築を進めているという。

[ITmedia]

 講談社は、デジタル事業のビジネス強化に向けて、統合ライツシステムの構築を進めているという。同社の新基幹システムを構築したベリングポイント、SAPジャパン、日本ヒューレット・パッカードが2月14日に発表した。

 講談社は「SAP ERP 6.0」を採用し、2006年12月に会計を中心とした基幹システムを本稼働させた。全社的な業務の標準化と、各種コード体系の一元管理して業務を効率化したほか、書誌などのコンテンツに関する情報の収集・分析や、コンテンツ単位での戦略立案のための基盤にもなるという。

 基幹システムを構築した3社によると、講談社は現在、市場の拡大が想定される権利ビジネスやデジタル事業を強化するため、統合ライツシステムの構築と、統合マスターの拡張を行っているところだ。

 また、現場の意思決定の品質やスピードを高めるため、データウェアハウス機能を強化する方針で、ERPからの情報だけでなく、多システムにあるロイヤリティ情報や外部のマーケットデータなども取り込める情報システムを構築するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆