ニュース
» 2008年04月24日 11時30分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:世界最大のSNS「MySpace」を支える Greenplum

デジタルデータの増加に伴い、各企業ともその管理に対する投資が進んでいる。データベース管理システムを提供するGreenplumは、コストパフォーマンスの良さを武器に飛躍を遂げている。

[伏見学,ITmedia]

 情報データの肥大化が止まらない。2006年に161エクサバイト(エクサは10の18乗)だったデジタルデータは、2010年には988エクサバイトに膨れ上がるという。情報爆発時代に向けて、より高度なデータ活用が必要になる。

 3月18、19日の2日間で、企業の経営層に向けたイベント「第4回 ITmedia エグゼクティブセミナー」が開かれた。2日目にはBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの米Greenplumのルーク・ロナガンCTOが、データ分析による業務効率の向上について考えを示した。

ルーク・ロナガンCTO ルーク・ロナガンCTO

 データウェアハウス(DW)向けシステムを開発する同社は、2006年にx4500サーバ上でDW向けアプライアンスを提供するために、米Sun Microsystemsとのパートナー連携を発表した。これにより、データベース管理システム(DBMS)のベンダーとして認知度が向上しただけでなく、営業よりも開発やサポートに注力できるようになった。同社の強みに拡張性の高さとパフォーマンスの良さを挙げたロナガンCTOは、「われわれの製品は、T(テラ)バイト当たり2万ドルで、消費電力は100ワットに抑えることができる。これは、競合の5倍の性能だ」と意気込んだ。

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「myspace.com」を運営するMySpaceは、Greenplumのソリューションを導入する企業の1つである。北米を中心に1億人以上のユーザーを抱える同サービスでは、毎日100億件の新たなトラフィックがあるため、マーケティングで活用するべく大容量データの分析を望んでいた。Greenplumのサービスを導入したことで、1時間で4Tバイトのデータをロードし、1秒間に400Tバイトのデータの処理要求(クエリー)が可能になった。結果として、運用コストを抑える一方で、効果的なターゲットマーケティングを実現できたという。

 そのほか、ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダックなどの金融機関や、メディア大手の米O'REILLYなどにも導入範囲が広がっている。ロナガン氏は「データウェアハウス市場は今後も右肩上がりだ」と、成長の勢いを強調した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆