ニュース
» 2008年05月13日 10時05分 UPDATE

CEOの8割が「ビジネス変化を好機」だと感じる IBM調査

IBMが2年に1度実施するCEO調査の中で、大半のリーダーが変化に対応するために抜本的な改革が必要だと考えていることが明らかになった。特に「貪欲」で「社会に関心の強い」顧客が影響を与えるという。

[ITmedia]

 米IBMは5月6日(現地時間)、CEOを対象にした調査「IBM Global CEO Study」の調査結果を発表した。ビジネスにおいて今後大きな変化が起こると予測するリーダーが増えたとともに、その変化に対応する能力の差がグローバル経済における勝ち負けを左右することが明らかになった。

 同調査は、40ケ国、計1130人のCEO、経営層、公共機関のリーダーを対象に、2007年後半から2008年前半にIBMが実施した一連のインタビュー結果に基づくもの。調査によると、CEOは変化を競争力アップの新たな機会ととらえており、全体の83%が今後抜本的な変革が必要だと考えている。これは2006年の調査と比較して28%増加した。

 自社が対応すべき最も重要な変化として、CEOは特に「情報に貪欲(どんよく)な顧客」と「社会意識の高い顧客」を挙げ、これらの顧客層に対応するための投資を強化していくとしている。

 あらゆる種類の情報の入手を強く望む貪欲な顧客は、インターネットで全世界に自らの意見や期待を発信する特徴を持つ。彼らに対して、CEO全体では今後3年間で投資額を22%増やす計画があるという。地域別に見ると、欧州は23%(3年前と比べて20%増)、北米は19%(同、27%増)、アジア太平洋地域は16%(同、20%増)、南米では16%(同18%増)であった。

 社会に関心の高い顧客は、CSR(企業の社会的責任)に期待を寄せており、社会意識の高い製品やサービス、サプライチェーンなどを求める傾向にある。CEOは、彼らを理解し対応するため、今後3年間で投資額を25%増やそうと考えている。中でも、環境問題に関するCEOの問題意識は過去4年間で倍増した。しかし、世界中で一様に広まっているわけではなく、アジア太平洋地域と欧州のCEOが最も力を入れているという。

 また、グローバルにビジネスを統合する機会を得るため、75%のCEOは新市場へ積極的に参入したいと考えているほか、85%はグローバルな統合による機会を活用して他企業との提携を推進する意向だという。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

CEO | IBM | 経営 | 投資 | キャリア | 会長 | CSR | 環境問題 | イノベーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆