ニュース
» 2008年10月30日 18時32分 UPDATE

「最適な組織、優れた人材をつくることがCIOの役目」――IBMのCIO

グローバル全体で128人ものCIOを配置していたIBMは、約10年前の組織改革によりCIOにかかわるすべての権限を1人に集約させた。IBMが語るCIOの理想像とは……?

[伏見学,ITmedia]

 米IBMのCIO(最高情報責任者)を務めるマーク・ヘネシー氏が10月29日、プレスおよびアナリストに向けてCIOの役割と自社での取り組みを説明した。ヘネシー氏はCIOのあり方の変化に触れ、「情報システム部門のユーティリティプレイヤーではなく、すべての事業部門の業務を理解し、企業戦略を策定すべきだ」と述べた。

主にビジネス畑を歩んできてCIOに就任したマーク・ヘネシー氏 主にビジネス畑を歩んできてCIOに就任したマーク・ヘネシー氏

 ヘネシー氏は2007年7月にCIOに就任する以前、販売やマーケティングなど主にビジネス部門をわたり歩いてきた。2001年から2004年までは、流通チャネル管理の責任者として、全世界のIBMの対外向け資産や支出の最適化を推進してきた。「この経験がCIOの業務に生きている」とヘネシー氏は語る。CIOには、ITとビジネス両面で高度なスキルを身に付け、企業全体の戦略策定が求められているからだ。

 以前のIBMは、ソフトウェア事業部門やITサービス部門など部門単位でCIOを配置していたため、横断的なスキルを持つCIOは少なかった。約10年前、全世界に128人いたCIOの機能や権限を1人に集約し、優れたITサービスとビジネス価値の提供を目指した。具体的には、全社レベルでのアーキテクチャの見直し、ガバナンスの構築、グローバルIT人材の育成などに注力した。

社内システムの大幅な統合

 CIO主導の下、まずは情報システムのコスト削減を進めて、データセンターを155カ所から5カ所に、レガシーアプリケーションを1万6000個から4700個に削減した。ヘネシー氏の着任後には、5年間でIBMのデータセンターに設置された約3900台のサーバを、仮想化技術により約30台のメインフレームに統合する計画を発表した。これにより80%のエネルギーコストの削減が見込めるという。

 ガバナンスの効いた組織づくりもCIOの重要な任務だという。縦割りの組織だと事業部門や拠点ごとにばらばらな業務フローが生まれて統率がとれないため、営業や技術サポートといった枠組みでプロセスを簡素化して組織の見直しを図った。「最適な人材を最適な場所に配置することも可能になる」とヘネシー氏は強調する。

 IBMはグローバル全体で約33万人の社員を抱える。「全体の約50%は勤続5年未満の社員」(ヘネシー氏)であり、世代や国籍もさまざまだ。当然仕事に対する考え方は異なるわけだが、ヘネシー氏は「(多様な)人材をうまく管理することがビジネスチャンスを生む」と意気込む。

 「CIOの役目は、ITとビジネスを理解する人材を育てることだ。業務部門にITスキルの高い社員を配置したり、情シス部門にビジネスに精通した社員を配置したりすることで、幅広いスキルを持った人材の育成に努めている」(ヘネシー氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆