ニュース
» 2009年02月16日 15時29分 UPDATE

日本のGDP成長率、35年ぶりの大幅な落ち込み

2008年の実質GDP成長率は年率換算で12.7%減となり、第1次オイルショックに匹敵するほどの大幅なダウンとなった。

[ITmedia]

 内閣府は2月16日、2008年10〜12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPの成長率は前期(同年7月〜9月)と比べて3.3%減で、年率換算で12.7%減となった。これは第1次石油危機(オイルショック)の影響を受けた1974年1〜3月期(年率換算13.1%減)以来、35年ぶりの大幅ダウンで、戦後ワースト2位の数字となった。

 需要項目別の動向を見ると、輸出が大きく落ち込み足を引っ張った。財貨・サービスの輸出は前期より13.9%減となった。GDPへの寄与度においても、財貨・サービスの純輸出が3.0%減少した。

 2008暦年の実質GDP成長率はマイナス0.7%に陥り、2005年(プラス1.9%)、2006年(プラス2.0%)、2007年(プラス2.4%)と比べると大幅な下降であることが分かる。

2008暦年の実質GDP成長率(出典:内閣府) 2008暦年の実質GDP成長率(出典:内閣府)

関連キーワード

内閣 | 貿易 | 個人消費


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆