ニュース
» 2009年02月19日 17時26分 UPDATE

日本のブランド価値、トヨタが断トツの1位

コンサルティング会社が発表したランキングによると、「トヨタ」のブランド価値が日本で最も高いことが分かった。

[伏見学,ITmedia]

 ブランドコンサルティング会社のインターブランドジャパンは2月18日、日本発のブランドが持つ価値を金額に換算して格付けする評価ランキングの2009年度版を発表した。首位はトヨタ自動車の「トヨタ」、2位は本田技研工業(ホンダ)の「ホンダ」、3位はソニーの「ソニー」だった。トヨタのブランド価値総額は315億7000万ドルで、2位のホンダ(176億7300万ドル)に大きく差をつけた(詳細は下図を参照)。

日本のグローバルブランドランキングTop30 日本のグローバルブランドランキングTop30

 インターブランドでは同様のランキングを1999年から全世界のブランドを対象に実施。財務情報や株価などで算出する企業価値から投下資本を引いた無形価値に基づき評価する。日本のブランドに特化したランキングは今回が初めて。ブランドの選定は、日本企業によって生み出されたコーポレートブランドであること、アナリストレポートが入手可能な上場企業であること、海外売上高比率が30%以上であることなどが基準となる。例えば、米国が発祥である「セブンイレブン」などは評価対象に含まれない。

テレンス・オリバーCEO テレンス・オリバーCEO

 今回のランキングを受けて、同社でエグゼクティブコンサルタントを務める田中英富氏は「(食品や医薬品など)同じ業界で比較したとき、日本と海外ではブランドの価値に20〜30倍の開きがあるのが現状。今後この差をいかに詰めていくかが問われる」と述べた。

 テレンス・オリバーCEOは「日本企業は商品力だけでなくブランドにおいても世界でもっと強くなることを願っている」と強調した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆