ニュース
» 2009年07月31日 13時55分 UPDATE

「新聞を読まない世代を取り込め」 朝日新聞社がユーザー参加型メディアを発表

携帯に特化したユーザー参加型のサービスを朝日新聞社が開始する。メディア離れの進む層にリーチしたい考えだ。

[伏見学,ITmedia]

 朝日新聞社は7月30日、ユーザー同士が話題のニュースや暮らしに役立つ便利サイトのリンク集などの情報を共有する携帯メディア「参考ピープル」を発表した。9月1日にサービスを開始する。3年後に100万人のユーザー登録、売り上げ2億円を目指す。

デジタルメディア本部 コンテンツ開発プロデューサーの洲巻圭介氏 デジタルメディア本部 コンテンツ開発プロデューサーの洲巻圭介氏

 同サービスは、「今夏の高校野球」や「都内の美味しいレストラン」といったさまざまなテーマに対して、ユーザーが投稿した参考になる情報を集合知とし、それをユーザー同士が共有するというもの。投稿テーマなどに対して約150字の短いコメントを書き込むミニブログ、気になる携帯サイトをブックマークしてほかのユーザーと共有するソーシャルブックマークを基本機能とする。ユーザー自身は任意にタグを設定し情報を整理できる。ユーザー参加型のサービスは新聞社では珍しい。

 朝日新聞社 デジタルメディア本部 商品企画セクションでコンテンツ開発プロデューサーを務める洲巻圭介氏は「情報の流通量が増大し、(新聞や雑誌のような)自前情報を一方通行で配信する従来のやり方では一部の読者にしか情報が届かなくなった。加えて、人口ボリュームが大きい35歳世代では、新聞をはじめ既存のメディア離れが進んでいる。コミュニケーションを通じた情報提供が必要だと感じた」と新サービス立ち上げの経緯を説明した。

 同本部長の大西弘美氏は「1年ほど前からCGM(ユーザー参加型メディア)の重要性について議論してきた。今までの朝日新聞社のイメージとは違った面白いサービスを提供したい」と意気込んだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆