連載
» 2011年12月27日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:都内で過ごす年末年始は、ミュージアムへ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 クリスマスが過ぎれば、一気に年末モードに突入しますね。帰省する方、旅行に出る方、都内に残る方、色々な予定の方がいると思いますが、今日紹介したいのは、年末年始にお薦めのお出かけスポットです。

 年末年始は休業する美術館や博物館が多いですが、「年の瀬にも元日にも美術鑑賞をしたい」という願いを叶えてくれるところもいくつかあります。新春の特別企画の開催や、入場が無料となる美術館もあるんですよ。東京で年末年始を過ごすにあたり、お出かけ先の候補としてぜひチェックしてください。

1227timeout.jpg 『メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン』東京大学丹下健三研究室/《東京計画1960》/1961年/撮影:川澄明男/(C)丹下都市建築設計

 年末年始も休まず営業するのが、六本木にある『森美術館』です。建築ファンから万博ファンまで必見の展覧会、『メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン』と『MAMプロジェクト015:ツァン・キンワー』が開催中。2011年12月29日(木)から、2012年1月3日(火)まで、10時から22時まで開館しています。

 続いては、新春の特別展示が楽しい『東京都国立博物館』。2011年12月27日(火)から2012年1月1日(日)まで閉館し、年明けは、2日(月)朝9時30分から開館します。

 毎年恒例となっている、干支にちなんだ展示『博物館に初もうで』では、辰を象った美術品が並びます。その他、和太鼓や、紙切り、獅子舞などのお正月らしい催しも盛りだくさんですよ。辰は十二支の中で唯一、空想の生き物と言われていますよね。地域によっては、悪災を追い払う厄除けの象徴であり、また、雨を降らし豊作をもたらす神としても崇められる縁起の良い存在です。ぜひ、足をお運びくださいね。

 タイムアウトバジェット:『美術館に初もうで』600円、『メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン』1500円

 上記以外の都内の美術館の年末年始のカレンダーも、タイムアウト東京に掲載してありますので、ぜひご利用くださいね。

 それでは、良いお年をお迎えください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆