ニュース
» 2012年10月10日 19時38分 UPDATE

住商と三菱重工がジャカルタ近郊の輸送力増強を受注

住友商事と三菱重工業は10日、インドネシアの首都ジャカルタ近郊の鉄道の複々線化に向けた工事や電化事業工事を共同受注したと発表した。

[産経新聞]

 住友商事と三菱重工業は10日、インドネシアの首都ジャカルタ近郊の鉄道の複々線化に向けた工事や電化事業工事を共同受注したと発表した。

 受注総額は約210億円で円借款でまかなわれる。西ジャワ州のブカシ駅−同チカラン駅間の電化工事や南ジャカルタ市のマンガライ駅−チカラン駅までの信号システム導入の工事などを行う。貨物と旅客の輸送力が増強されることで、日系企業が多く進出する工業団地の物流効率化や通勤の利便性も高まる。2016年末の完成を見込む。

関連キーワード

工事 | 三菱重工業 | インドネシア | 物流


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆