連載
» 2012年11月16日 07時00分 UPDATE

キャリアプラン 90歳までの現役計画:60代で何をすべきか

人生で60歳代は、野球の試合でいえば9回の裏です。

[郡山史郎(CEAFOM),ITmedia]

 人生で60歳代は、野球の試合でいえば9回の裏です。味方が大量得点をしていて、自分もヒットを打って貢献しているなら、早く無事に終えて早く次の試合の準備をしたい。逆に、さんざん負けていて、自分も三振にエラーまでしているなら、次の試合があるかどうか、あっても自分がその試合に出られるか分からない。前途不安です。

 地位があり、お金に恵まれているなら勝ち試合です。その場合でも70歳代以降は別な試合ですから、その準備をしっかりしておく必要があります。前の試合にいくら貢献しても、次の試合では最初からやり直しですから何が起こるか分からない。人生ではお金、健康、仕事、家庭、仲間が、その順番で大切で、どれが欠けても幸せになるのは難しい。そこで、勝ち試合なら、この5つをしっかりため込んでおくことです。

 負け試合ならどうするか。50%は必ず負け試合ですから、負けるのも人生のうちで決して悲観することはありません。それが普通で、その役割をやればよいのです。ただ、負けた場合、先ほどの5つの要素のどれかが欠落します。その場合は、そのうちどれか1つだけ少なくとも維持して、失地回復をはかればよいです。確かに難しくはありますが、その1つでもつかめれば、幸せになる可能性はあります。

 人生は本質的に、悲しい、みじめなものです。意志のない人生は無く、意志の本質は悩みです。それを幸せにできるのは、知識と経験と行動です。ソニーの創業者海軍軍人の盛田昭夫氏は敗戦直後の感想として、全てを失ってしまった、しかしまだ残されたものがある、それは日本国と自分と将来だ、と言っています。慰めは無用、少なくとも自分があれば60歳でもあと40年、夢と幸せは見るものでなくてつかむものだ、ということです。

 わたしは今77歳です。60歳台の九回裏はやはり人生の一つの区切りで、試合は勝っていたが自分はベンチにいた、という感想です。次の試合では、どんなチームでもよいから試合に出してもらう、という意思が今日までの自分のエネルギーになっていると思います。60歳代の方、ぜひ今を大切に、将来を計画してください。

著者プロフィール

koriyama120.jpg

郡山史郎

株式会社CEAFOM代表取締役社長

1935年鹿児島県生まれ。一橋大学経済学部卒。1959年ソニー入社

スイス、米国に市場開拓マネジャーとして通算12年滞在。米国大企業に転じて、日本代表、北アジア担当、複数の関連会社の社長を歴任。1981年にソニーに復帰し、取締役情報機器事業本部長、常務取締役経営戦略本部長、資材本部長、一般地域統括本部長など歴任。2004年株式会社CEAFOM創業。

国際大学、早稲田大学、一橋大学、九州大学など講義、講師多数。外国人記者クラブ、証券取引監視委員会など講演多数。著書、「ソニーが挑んだ復讐戦」。

ソニー創業者、井深大、盛田昭夫、大賀典雄の直属幹部として永年経営に参加し、社長賞4回の実績あり。現在、多くの企業に対し、経営全般、グローバリゼーション、事業企画などのテーマでアドバイスを行い、また、役員、幹部社員の研修講演なども行っている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆