連載
» 2016年06月16日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:40代を後悔しない50のリスト (1/3)

職場でも家庭でもやるべきことを山と抱える40代が、最も後悔しているテーマは「時間」。人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる!

[大塚 寿,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる! 〜どのよう時間を使うかは、どのように生きたいかと同じである〜

『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』

 40代というのは、仕事でいえば、やっと自分の裁量で仕事ができるようになり、自分のやりたかったことや、個性やセンスが発揮できるようになる年回りです。

 しかし、自由裁量といいながらも、自分の仕事以上に、部下やチームの力を最大限に発揮させるマネジメント力が求められる年代です。

 関係部門や上司との調整も多くなり、上下左右の板バサミ、本人が望むとも望まなくとも、物事をスムーズに進めるためには、社内政治に頭を使わざるを得ないのが40代の特徴といえるでしょう。

 一方で、家庭でも40代には大きな変化が起こります。子供は育児から教育に変わり、子育ても一段落したことで仕事に本格的に復帰する女性が多くなるため、夫婦関係も新たな局面へと突入します。共働きが当たり前の時代ですから、仕事一辺倒ではない、家事の分担や家庭マネジメントを上手にできるスキルが一層求められます。

 このように職場でも家庭でもやるべきことを山と抱える40代にとって、最も扱うのが難しく、悩みが多いのは時間の使い方です。

 私が行った1万人インタビューでは彼らの後悔が40代に集中しているのに驚かされましたが、実は40代という年代に限れば、最も後悔しているテーマこそ「時間」だったのです。

 そこで本書では1万人インタビューの「50の後悔リスト」をもとに、こうした時間問題を克服した諸先輩たちはいったいどのような工夫をしていたのかを7つのルールとして分類しました。

 うまくいっている先輩たちの具体的なやり方はバラバラですが、解決策のポイントをまとめると、この7つを上手に工夫していることがわかります。

(1)現実に即した作業時間や、自分の持ち時間を正確に見積もる

(2)見えない時間を「色分け」してつかまえ、きちんと計画を立てる

(3)作業時間を区切り、「終わらせ方」を常に意識する

(4)自分にとって本当に重要なことを優先できるように「時間配分」を変える

(5)トレードオフの意識を持って「やめる」「捨てる」「数を絞る」

(6)ゴールを明確にした、抜本的な「プロセス改善」を行う

(7)習慣を手なずけ、パターン化によって生活をシンプルにする

 しかし、この7つルールを実践する前に押さえておかなければならない大前提がありますので、まずはそこから紹介しましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆