連載
» 2017年12月26日 07時16分 公開

タイムアウト東京のオススメ:アート漬けの新年にする

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 年末の慌ただしさから解放され、新年はゆっくりと過ごしたいもの。暖かな室内で文化的な年明けを満喫するなら、美術館や博物館がお薦めです。ここでは、三が日にアート鑑賞を楽しめる美術館を厳選して紹介します。

視覚的な錯覚を多用した作品

 毎年、元日もオープンしている「森美術館」では、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が開催中。視覚的な錯覚を多用した作品を中心に、写真撮影できる展示も多いので、仲の良い友人たちと訪れるのがお薦めです。22時まで開館しているので、作品と一緒に地上53階から元日の東京の夜景を楽しむのもお薦めです。

西洋絵画の名作と、北斎の錦絵や版本があわせて展示

 2016年に建物が世界遺産に登録された「国立西洋美術館」は、1月2日(火)からオープン。同美術館では、現在「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」が開催中です。モネやセザンヌなどの西洋絵画の名作と、北斎の錦絵や版本があわせて展示されています。ドガの描くバレリーナと、「北斎漫画」に登場する力士が、ポーズの上で比較されるなど、興味深い展示構成になっています。なお、1月2日〜8日は高校生無料観覧日にもなっているので、冬休みの芸術鑑賞にもうってつけです。

大観作品全40点を一挙に公開

 恵比寿にある「山種美術館」は、1月3日(水)からオープンします。同日からスタートするのが、近代日本画の第一人者、横山大観を特集した企画展「生誕150年記念 横山大観―東京画壇の精鋭―」。同館が所蔵する大観作品全40点を一挙に公開する初の機会となります。併設するCafe 椿で和菓子を食べて一服するのも正月らしくて良いでしょう。

 その他の詳しい情報は「新年ミュージアムカレンダー2018」で紹介しています。開催中の展覧会の詳細についても、それぞれのリンク先からチェックできるので、東京で年始を過ごす参考にしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 美術館 | 新年 | 冬休み | イベント | 正月


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆