連載
» 2008年01月16日 07時00分 公開

新世紀情報社会の春秋:デジタルコンテンツあるいは食の「真贋問題」 (2/2)

[成川泰教(NEC総研),ITmedia]
前のページへ 1|2       

食品業界の不祥事が示唆する新たな情報ニーズとは?

 真贋論といえば、この1年の大きな話題として食料品の製造や提供を巡る不祥事が相次いだ。この話題が人の関心を強く引くのは、ブログやSNSで食品やグルメ系の話題が多いことにも現れている。食は人間が生きていくうえで毎日能動的に行うことであり、個人の嗜好にも大きく左右される。「三度のご飯より音楽が好き」などと言うが、食は全生活者に共通するコンテンツとも言える。当然だが、市場規模はいわゆるコンテンツ市場とは桁違いに大きい。

 そして食の世界でも、生産や流通はより大きく変化してきた。食品は人間の血肉となるものだから、そういう意味での安全性の問題は特有のものがある。

 いまさまざまな形で明らかになっている諸問題や事件について、ここでいちいち解説をするつもりはない。

 もし本当ならば事業者として許されることではないのは当然だ。

 ただ、それとは別の側面で浮かび上がってくることとして、われわれ生活者の側も、もう一度現代の食のシステムや文化について、ある種の反省や再認識をすることが必要なのではないかと思う。続きは次回

プロフィール

なりかわ・やすのり

1964年和歌山県生まれ。88年NEC入社。経営企画部門を中心にさまざまな業務に従事し、2004年より現職。デバイスからソフトウェア、サービスに至る幅広いIT市場動向の分析を手掛けている。趣味は音楽、インターネット、散歩。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆