特集
» 2008年03月10日 07時00分 公開

【第3回】うそも見破れる関係作りをビジネス戦略を実現した辣腕CIOの素顔に迫る(2/2 ページ)

[Maryfran Johnson,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ベンダーを巧みに管理して有益な関係を作り出す

 優れたITリーダーシップの重要な要素として、ITスタッフやビジネス役員、ベンダーと強力な関係を築く能力、つまり対人スキルがある。中でも、中堅企業に対するIT製品やサービスの売り込みに力を入れるベンダーが増えていることから、ベンダー管理が、特に大事なスキル分野となってきている。

 「わたしはベンダーに、『利益率も、コスト構造も、ビジネスモデルもお見通しだ』と言ってクギを刺している」と、ヘルスクエストのCIO、ニック・クリスティアーノ氏は語る。ヘルスクエストは、ニューヨークのハドソンバレーで3つの病院を運営し、年間収入5億2000万ドルを上げている医療機関。

 「わたしは、うそをつかれているかどうかも分かる」

 コンサルタントとして働いた経験もあるクリスティアーノ氏は、CIOにとってもベンダーにとっても、お互いに自分の考えを率直に話すことが重要だと語る。

 「わたしは、われわれが何を期待しているかを説明する。そして、困らせないようにするとベンダーに約束する」と同氏。「わたしは自分の担当領域をきちんと管理していく。彼らにも同じようにやってもらわなければならない」

ベンダーから優遇される関係こそ重要だ

 カナダのトロントに本社を置く年商5億ドルの不動産会社、トライデルのCIOを務めるテッド・モールッチ氏は、「とてつもない」時間をかけて、サプライヤーとの契約を作成しているという。「できるだけ厳密な契約を作るためのチェックリストを持っている」と同氏。

 「なるべく争いごとを避けて、円満な関係を保ちたい」

 モールッチ氏は、ベンダーとのコミュニケーションにも時間をかけており、彼らから優遇されている。この良好な関係が、最近、同社のネットワークの基幹を担うシスコ製スイッチが故障した際に役立った。「15分も経たないうちに、シスコの担当者が駆けつけてきた」と同氏は振り返る。

 「社内ネットワークは完全にダウンしていて、わたしは、問題のスイッチは古いから、もう使えないだろうと思った。ところが、担当者は、故障した旧式部品を1時間以内に発見しただけでなく、その場でスイッチを修理して復旧してくれた」

 アワードを受賞した中堅企業のリーダーは皆、自社のITスタッフとの関係を誇りに思っており、スタッフの離職を最小限に抑える力量に特に自信を持っている。人材が不足しているという認識から、これらのリーダーは優秀なスタッフが引き抜かれないように、積極的に機会をとらえて能力開発を実施している。また彼らは、ビジネスサイドと技術サイドのコミュニケーションの促進に当たっている。

 ノースショアのクック氏は、14人のITスタッフと1対1の面談を頻繁に行っている。スタッフは面談のために宿題をしなければならない。「わたしは彼らに、技術雑誌の記事を読んで、われわれの業界やノースショアとどのような関連があるかを話しに来てほしい、と頼むようにしている。またわれわれは、結婚、キャリア、トレーニングなど、彼らが考えていることは何でも話題にしている」とクック氏。

 「彼らが仕事に打ち込んで、われわれの成功に貢献してくれることが目的だ」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆