連載
» 2008年03月13日 09時00分 公開

間違いだらけのIT経営:「速度は守ってるよ!」「だけど逆走ですよ」――プロジェクトが暴走する原因 (2/2)

[増岡直二郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

自信過剰の裏側にあるもの

 これらの例は、情シが陥りやすい間違いの典型的例である。

 筆者の経験から言っても、情シは、(1)まず自信過剰で、日常業務に追われるラインを「思慮が足りない」と下に見る傾向があり、従ってマイペースのところがある。まさに、A事業所のC課長が好例だ。(2)逆に、自己卑下をして、受注高や収益などの業績に直接関わる仕事をしているメインのライン部門に対して卑屈になり、自己を殺すところがある。D社の情シが、好例だ。(3)そして、そのいずれにも属さず、自分の考えを持たずに上の方針をただ妄信するケースも見られる。E社のF課長である。筆者は、(1)のケースに多く遭遇した。

 なぜ、彼らはそうなるのか。実は、情シの社内地位が相対的に低いことに原因がある。その裏返しとして、あるいは場合によってはそれがそのまま現れるのである。

 問題は、彼らがその間違いに気づいていないことである。彼らは、リーダーシップをとり、ユーザーを立て、はたまたトップの方針を忠実に実行している「つもり」なのである。

 A事業所の場合、B課長を思い切ってラインから抜いて専従にすればよい。できなければトップが決裁すべきだが、トップを説得するのは、C情シ課長の任務である。

 某零細企業で、部長と女性事務員2人で資材業務を担当していた。IT導入に当って止むを得ず部長が導入プロジェクト専従になったら、女性が1カ月間ほどIT専従になった部長を何処までも追いかけて教えを請うていたが、結局資材員として一人前になった例がある。

 情シには、IT導入に当たって求められる本来の活躍を大いにしてもらいたい。

 しかし、Bを引き抜けずにマイペースに陥ったA社のC課長のように、あるいは「存在価値」のまるでないD社の情シや、「イエスマン」のE社F課長のように、情シ本来の任務を果たすことができなければ、情シは下手に余計なことをしようとせずに、IT導入の「単純な事務局」に徹した方が、害毒を流さずに済み、会社のためになる。

 ドライバーだって、本来のあるべき運転に関わることができないなら、せいぜい近くのスーパーに買い物に出かける運転にだけ専念する方が、世に害を流さないで済むのだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆