ニュース
» 2008年05月03日 04時30分 公開

「社員の家族も広報」――徹底した自己PR戦略がSONYブランドを作り上げた(2/2 ページ)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

人材獲得につなげる自己PR

 ブランドを企業名に採用し、知名度を上げるためなら徹底して会社や自身を売り込んだ盛田氏。その背後には人材や組織に対する理念があった。盛田氏は常々「有名になって一番良かったのは、優秀な人材、素晴らしい技術者たちが集まることだ。技術力がますます高まり競合を引き離すことができた」と語っていたという。

 また盛田氏は、外部から友人などを手当たり次第引っ張ってくることでも知られていた。郡山氏は当時を回想し「経営層のほとんどが盛田の中学時代の同窓生で埋まっていた時期もあった」と語った。このようなエピソードも、盛田氏の人材獲得に対する1つの特性を表している。

文化の共有なくして組織は成立せず

 このように、ソニーでさまざまな経験を積んだ郡山氏は、組織のあり方について、歴史や伝統、社員の共同意識などから作られる「企業文化」の重要性を強調した。中にいる社員を一から育てるのが良いのか、外部から優秀な人材を獲得することが好ましいかは、企業の成長段階や仕事の内容などによるが、どちらにせよ会社の文化が求められるという。

 「どんな組織でも文化がなければ価値の尺度を測れない。基本的には、社内で人材を育てて一緒に成長していくことが望ましい。しょせん会社は人の集まりだから、仲間を作り、文化を共有し、共に育っていくのが重要だ」(郡山氏)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆