ニュース
» 2010年04月15日 11時45分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:メールでモテるための3カ条 (2/2)

[浅野ヨシオ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

(1)共感・尊重:相手の意見をよく聞いて共感してあげること。

(2)賞賛:ほめること。

(3)丁寧:あなたの意見を丁寧に伝えること。

 ではこの要素を使った例文を1つ。

例:「桑田さん。正式に引退を表明されましたね。ほんとうにお疲れさまでした。桑田さんが野球界に残した功績ははかりしれないものがあります。ケガをしても不屈の精神でマウンドに戻って来てくれましたし、日本で戦力外通告を受けてもメジャーリーグでがんばってくれました。これはあなただからできたことです!(賞賛)

 野球を辞めるという決断をしたということは桑田さんもほんとうにつらかったでしょうし、無理もないことだと思います。(共感し尊重)

 でもどうでしょう、あなたは若手の手本になり、リーダーシップがとれる選手です。野球界のためにももう少し野球を続けてみませんか。(丁寧なあなたの希望)」

 相手の心をつかむ王道の手法です。メールではときには思いっきり相手の求めているキャラクターを「演じる」ことが必要になります。これはウソではありません。相手の気持ちを潤すためのあなたのやさしさです。メールは作りこみができるツールなので、受信者の気持ちを第一に考えて相手の感情の揺れをコントロールすることが可能です。慣れてくるとだんだん自然にできるようになります。

 相手の気持ちを第1に考えてメールの文章を作成すること。これはモテるメールを書く上での必須条件です。

 メールをもらったときは、「自分の書きたいこと」を書くのではなく次の3つの要素に気を配って書いてみてください。

(1)相手が聞いてほしいこと

(2)ほめてもらいたいこと

(3)励ましてほしいこと

 この3つの欲望を満足させてあげるメールを書くことがポイントです。何かを成し遂げた喜びのメールだったとしたら、コツコツと努力してきた「過程」に着目してそのポイントをほめるとか、そんな裏の努力や他の人が見逃してしまいそうなところを見つけてほめるのは、相手にとって感動を与えるメールになります。自尊心をこちょこちょくすぐってください。

 「そうそうなの……。分かってくれるのね(涙)」と思ってもらえればあなたは間違いなくモテます。このようなメールのやりとりを重ね、人間関係を深めておくと次回会う際にはもうすでに何回も会ったかのごとく、人間関係が深まっているという手ごたえを体感することができるはずです。

 ぜひ一度お試しください。

著者プロフィール

浅野ヨシオ

大学卒業後、某不動産会社に入社するも人間関係に耐えかね8カ月で退職。28年間彼女もできなかったが、ネットとメールを使った超効率的出会い術を開発。通算200人の女性とネットで知り合い、婚活期間3ヶ月で結婚。再婚した妻も2カ月で見つけ出す。そこで培った人の心をつかむメール力・出会った瞬間に相手の心を開く人心開示力を駆使し、直近の1年半で100人を超える 著者・有名起業家らとの交流を実現。90万部超えの実績を持つ敏腕編集者に見初められ2009年8月「たった1通で人を動かすメールの仕掛け」を出版。40歳で人生を好転させた経験から、自身の成長に悩む人の才能の発掘を使命とし、プロフィール講師に就任する。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆