ニュース
» 2010年12月27日 08時00分 公開

ドラッカーそしてマネジメントが求められた理由「もしドラ」作者が語る(3/4 ページ)

[大西高弘,ITmedia]

「もしドラ」の読者たちが直面した現実

 インターネットに代表されるような情報化の大きな波が起こったことによって、組織のガバナンスを変えざるを得ない局面を迎えたといえる。そこで多くの人が求めたものがマネジメントだったのだ。そして『もしドラ』を読み、改めてドラッカーの著作に触れる人たちが続々と出てきたのだろう。

 岩崎氏は、『もしドラ』の読者たちが目の当たりにした日本で起こった出来事について次のように語る。

 「つい最近、われわれは政権交代を体験しました。と同時に政権が変わってもこの国の状況は何も変わらない、ということも目の当たりにしたのです。『もしドラ』の読者の方々の多くも『もう、政治になんか期待できない。自分たちが変わるしかないんだ』という考えを持たれたのではないか。こうした政治のもたらすインパクトが弱まっていることもマネジメントについて考え、ドラッカーを勉強しようという発想に至る要因になっているのではないでしょうか」

 ドラッカーの『マネジメント』は、1930年代の米国の経営者をモデルに書かれていると岩崎氏は説明する。1930年代と言えば、1929年に始まった世界恐慌が猛威を振るった年代であると同時に、従業員が数万人以上の規模となる大企業が生まれた時代であり、多くの失業者が出た時代であった。

 「1人の資本家が統治する組織ではなく、雇われ社長が巨大な組織を統治する時代になりました。そこで、雇われ社長たちがまず何を行ったか。かれらは自分たちが統治する正当性を見いだそうとしたのです。ただ単に利益を出すことだけでは正当性を主張することはできない。そこで企業の社会的責任、働く人たちの能力を生かすための努力などについて言及した。それらを持って企業のトップは組織を統治する正当性を獲得したのです」(岩崎氏)

 時代が変わり、組織の成り立ちが変わり、ガバナンスも変容せざるを得なくなったわけだ。そして大量生産方式によって、供給過剰の市場が生まれ、失業者の大量の発生によって、人心はすさんでいた。岩崎氏はこの時代と今の時代を交互に見合わせて考えることが多いという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆