ニュース
» 2011年01月12日 08時00分 公開

面接でするべき101の効果的な質問海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点(2/5 ページ)

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

就職面接官が知りたいこと

今の時代、仕事を得るためには、難しい面接を今まで以上に成功させる必要があります。予算や求人数は削減され、企業は、採用予定の従業員が本当に自社に適切か確かめるための新しい試験方法を探しています。採用されるためには、雇用主に自分は初日から企業の利益に貢献できると認めてもらわなければなりません。それができなければ雇ってもらえません。面接官は、志望者の能力と同時に仕事への関心度を評価します。よって、志望者は面接の中で、自分は知識が豊富で仕事に興味があることを示すような受け答えをしなければなりません。面接官は次のような内容の4つの基本的な質問をします。

1. 仕事をする上で必要な資格は持っているか?

2. 他の志望者よりも上手く仕事がこなせるか?

3. 他の従業員とうまくやっていけるか?(仮に資格を持っていて、やる気があったとしても、この答え次第で不採用になる可能性がある)

4. 自分を採用、あるいは推薦したいと面接官に思わせられるか?

 質問に答える時、簡潔で要領を得ていて、前向きで熱意を持った答え方をしなければなりません。質問に答えることで、自分は企業や業界について知識があること、企業に順応できること、そして必要な資格を持っていることを示して下さい。

 確実に内定を得るためには、企業に対して自分がいかに適切な人材であるかを正しい方法でアピールすることです。特に、企業サイドがどのような人材をイメージしているのかという部分を、さまざまな企業情報や面接官の質問などから割り出す必要があります。

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆