ニュース
» 2011年01月12日 08時00分 公開

面接でするべき101の効果的な質問海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点(4/5 ページ)

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

質問して答えを得る

 『質問を幾つか準備して下さい。さもなければ仕事を得ることはできません。面接官に何か質問はないかと尋ねられた時、ただ単に時間が過ぎるのを待ってはいけません。面接時間が終わる前に積極的に質問して下さい。ただし、質問をする前に許可をもらうことを忘れてはいけません。質問をすることで面接官は志願者の自発力を認めますし、面接官とより多くの会話を持つことができます。そうすることで、電気椅子に座って質問攻めに遭っているような気分を味わわずに済みます。つながりのある質問をして下さい。最初は一般的な質問から始め、その後、つながりのある具体的な質問をすることでより多くのことを学んで下さい。効果的な質問をするための基本原則は次の通りです。

  • 応募している職について学ぶ。そうすることで知的な質問をすることができる
  • 仕事に求められる要素に基づいた表現を使って質問をする
  • 仕事をもらうまで休暇や休日の質問はしない
  • 自由回答形式の質問をする。そうすることで面接官の話を引き出し、仕事や企業に関する詳細を得ることができる
  • 面接官の話し方(堅苦しいか、砕けているか)に注意し、それに適した話し方をする。そうすることで調和した関係を築くことができる
  • 自分がどう思われているか知るためのヒントとして、面接官のしぐさに注意する。例えば、アイコンタクトが少ない場合は不快感を表し、椅子に寄り掛かっている場合は尊敬や興味が少ないことを示し、うわの空の場合は緊張しているか、興味が全くないかのどちらかである
  • 答えを簡潔で要領を得たものにする
  • 無知な質問や、偏見を持った質問、あるいは過度に個人的な質問はしない(結婚していますかなど)。または、切羽詰まっているように感じられる質問はしない(例えば「家賃を払うためにこの仕事がどうしても必要です。仕事を始めたら会社からお金を借りられますか?」など)
  • 冗談は言わない。面接は真剣な仕事の1つである』

 面接では回答するばかりではなく、質問する機会もあります。質問次第で自分の印象を強めるチャンスとなりますので、うまく利用することが大切です。面接とは質問に答える場ではなく、限られた時間の中で、自分をいかに売り込むかという場面であることを自覚し、そのための準備を怠らないようにして下さい。この本質的な理解がないと内定は難しいでしょう。

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆