iPadで躍動する職場
ニュース
» 2011年03月23日 11時05分 公開

アナリストに聞く、企業におけるiPad活用法iPadで躍動する職場(2/2 ページ)

[聞き手:怒賀新也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

セキュリティ問題は?

ITmedia セキュリティを含めた端末の管理について、どのような考慮が必要になりますか?

針生 iPadのセキュリティについては、遠隔からのロックや消去などの仕組みが利用できるようになっており、向上しています。しかし、現段階では端末の認証はパスワードのみであり、USBやメモリーカードなど外部認証機器への接続ができません。最も問題になると考えられるケースは、企業のディレクトや既存のPC環境のセキュリティ製品とほとんど互換性がないことです。個別に維持しようとすれば、安全性のレベルの保持が難しくなると考えられます。

 iPadのシステム更新は、これまでの管理および配信方法では難しいといえます。ハードウェアやソフトウェアのインベントリ管理などはあまり考慮されていないからです。個人利用であれば問題が起きませんが、組織として多数のiPad端末を更新、管理するのは難しいといえます。仮想環境も一括で管理できるようにしないといけません。こうした課題が意識されていることから、今後の機能拡張の動向によって、Android端末が企業端末としては伸びてくる可能性も大いにあります。

 ただし、iPadはかなり速いスピードで機能拡張しています。システム用端末として利用を検討する企業も増えています。今後は、導入アプリケーションのインベントリ管理などの拡張機能の登場や、その導入事例などに注目するべきです。

iPad利用におけるメリットと課題

メリット

 ・起動が速い

 ・PCよりもバッテリーが長持ち

 ・動画、シミュレーションなど、ビジュアル面での訴求力がある

 ・ユーザーインタフェースがなじみやすい

 ・地図の表示など、魅力的なコンシューマーアプリケーションがある

 ・拡大、縮小などの操作が簡単

 ・迅速なレスポンスが可能

 ・先進的なイメージ

課題

 ・利用コンテンツによってはセキュリティの懸念がある

 ・対応しているビジネスアプリケーションが限定されている

 ・プラットフォームの安定性が確保できない

 ・基幹系アプリケーションの開発が困難なケースが多い

 ・企業端末としての管理方法が確立されていない

 ・コンテンツ作成には向かない



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆