連載
» 2011年09月09日 08時00分 公開

会社人よ、社会人になろう!:未来社会への投資、心の宝物を増やす寄付をしよう! (3/3)

[鷹野秀征(ソーシャルウィンドウ),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

行動したくなったら1歩踏み出してみる

 1、寄付先の選び方

 3つの観点は必ずおさえましょう。寄付金の使い道が明確である、団体が信頼できる、活動内容に強く共感する。寄付先を見つけるには寄付サイトの活用をお勧めします。それぞれに団体選定基準があり、安心して寄付ができます。一例を示します。

 ・Give One(ギブワン):現存する日本で最も歴史の長いオンライン寄付サイトです。

 ・イーココロ:クリック募金を中心に寄付者コミュニティも備えています。

 ・JustGiving :寄付を募る側になるというコンセプトで、新しい寄付のスタイルを提案しています。

 時間のある方は、自分でじっくり調べて比較したり、NPOのイベントや報告会に参加してみてください。直接様子を知れば一層親近感が沸きます。特に代表者の人柄や考え方を知ることは大事です。寄付がつながりを生むからです。

 2、寄付の心構え

 応援の気持ちを伝えることが大事です。寄付は匿名でもできますが、できれば名前と応援メッセージを添えてください。お金に意思が入ります。活動報告は是非読んで感想を伝えてください。可能であれば報告会に参加して直接成果を聞きましょう。双方向のやりとりは何よりもNPOの力になります。機会があればボランティアや現地訪問ももちろんOKです。自然保護団体が実施しているエコツアーなどへの参加は寄付者の醍醐味です。

 3、企業で社員寄付の促進を考えている方へ

 NPOの情報が集まっている中間支援団体が相談にのってくれます。筆者が理事を務めているパブリックリソースセンターもその1つです。CSRコンサルティング会社や、自治体の市民活動推進課などにも情報があります。企業理念や事業領域を考えますが、最も大事なのは今社会で何に寄付が必要なのかという観点です。企業が自社のことではなく、大きな視点で未来社会を考えていることを説明すれば、株主や社員の共感につながります。

著者プロフィール:鷹野 秀征

ソーシャルウィンドウ株式会社代表 特定非営活動利法人パブリックリソースセンター理事 寄付サイトGive One 事務局 社会起業大学 講師 ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 パートナー。

外資系コンサルティング会社で10年就業後、2001年より市民社会の実現を目指してNPO支援・CSR支援・社会起業家支援を生業としている。企業からソーシャルビジネスを創出すべく、企業経営者・社員の心の「社会の窓」を開ける支援を行っている。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆