ニュース
» 2012年06月26日 08時00分 公開

心の師匠を持とう田中淳子のあっぱれ上司!(2/2 ページ)

[田中淳子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

進化し続ける自分であれ

 部下や後輩たちは、上司や先輩が「成長している」かどうかを案外よく見ている。「成長しようと努力しているか」をじっくり観察しているものだ。

 ずいぶん前のことだけれど、20代のエンジニアが30代後半の上司のことをこんな風に言っていた。「うちのマネジャーって、勉強しているのかな? 技術という意味ではなくて、マネジメントとかリーダーシップとか。本を読むとか研修参加するとか、人脈作るとか。要するにマネジャーやリーダーとして、自己研さんしているんだろうか」

 部下は自分の上司をリスペクトしたい。リスペクトする要因は数々あれど、「上司は常に進化していて追いつけない存在だと思えること」は大事な要素である。

 現場の経験を積んでいくことが、1番のマネジャー/リーダー修行だと思うかもしれない。確かに現場での経験は1番の学びのチャンスであることは否定しない。けれども、経験をより高度な学びとし、より一層成長するためには、自分と関わってくれる他者の存在が欠かせない。他者が鏡になって、自分を客観視するための“内省”を手助けしてくれるからだ。

 マネジャーが「ボクには心の師匠がいてね、いろんな薫陶を受けているんだ」「私には師と仰ぐ人がいて、さまざまなことを教えていただいたり、ときには叱られたりもしているのよ」と言っていたら、部下はとてもうれしいし、安心できる。

 「上司だって常に進化している。自分の在り方を見直し、軌道修正に余念がない。上司がそうやって前を向いているのだから、未熟な自分はもっともっと学んで、成長しなければ!」と上司の背中を見て感じ入ると思うのである。

 部下には「学べ、成長しろ」と言うけれど、そういう自分は学んでいるのか、成長しているのか、胸に手を当てて考えてみる必要がある。そんなとき“心の師匠”はマネジャーの孤独を癒やし、学びを支援してくれる存在となるだろう。

著者プロフィール:田中淳子

 田中淳子

グローバルナレッジネットワーク株式会社 人材教育コンサルタント/産業カウンセラー。

1986年上智大学文学部教育学科卒。日本ディジタル イクイップメントを経て、96年より現職。IT業界をはじめさまざまな業界の新入社員から管理職層まで延べ3万人以上の人材育成に携わり27年。2003年からは特に企業のOJT制度支援に注力している。日経BP社「日経ITプロフェッショナル」「日経SYSTEMS」「日経コンピュータ」「ITpro」などで、若手育成やコミュニケーションに関するコラムを約10年間連載。


著書「速効!SEのためのコミュニケーション実践塾」(日経BP社)、「はじめての後輩指導」(日本経団連出版)、「コミュニケーションのびっくり箱」(日経BPストア)など。ブログ:「田中淳子の“大人の学び”支援隊!


Facebook/Twitterともに、TanakaLaJunko


悩める上司と部下の付き合い方を、企業の人材育成に携わって27年(!)の田中淳子さんが優しくにこやかに指南する「田中淳子のあっぱれ上司!」のバックナンバーはこちら


関連ホワイトペーパー

経営 | コミュニケーション | ブログ | コーチング


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆