ニュース
» 2008年07月25日 11時04分 UPDATE

「経営者主導でCO2削減に取り組んで!」――東京都の環境局

ディーゼル車規制など率先して環境問題に取り組む東京都が、国内で初めて企業のCO2排出削減を義務付けるという新たな施策を打ち出した。トップのコミットメントを強く求めていくという。

[伏見学,ITmedia]

 オフィスビルやデータセンターなどの大規模事業所に対し二酸化炭素(CO2)の排出削減を国内で初めて義務付ける東京都の「環境確保条例」改正案が、2008年6月25日に都議会において全会一致で可決された。燃料、熱および電気の使用量が原油換算で年間1500キロリットル以上の事業所が主な対象で、2010年度から全面施行となる。

 同条例や経済産業省が策定する「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)などは、地球温暖化防止に取り組んだ「京都議定書」の批准を目指す日本政府の強い意識の表われだ。一方で、環境への負荷軽減をリードするべき企業には大きな影響を及ぼす。

 東京都 環境局 環境政策部の千葉稔子主査は7月16日、都内で開催されたAMDの環境イベント「Green IT 2008」で講演し、企業の温室効果ガスの削減に向けて「トップダウンによる取り組みが不可欠」と、経営者のコミットメントを期待した。

条例改正案を説明する東京都 環境局の千葉稔子氏 条例改正案を説明する東京都 環境局の千葉稔子氏

 環境確保条例改正に先立ち、東京都は2006年12月にプログラム「10年後の東京」を発表し、2020年までに温室効果ガスの排出量を2000年比で25%削減することをうたう。また、気候変動対策を先行的に提起する「東京都気候変動対策方針」を2007年6月に策定した。こうした背景には日本最大の都市である東京都の強い危機感がある。「東京のCO2排出量は約6000万トンで北欧1国分に相当する。今後アジアを中心にエネルギー需要がさらに増す中で、東京がほかの地域からエネルギーを供給してもらえる保証はない」と、千葉氏は省エネ実現に向けたCO2削減の必要性を強調した。

正直者がばかを見ないように

 このたびCO2排出削減の義務化に踏み切ったことで「正直者がばかを見ないようになる」(千葉氏)という。従来は企業のモラルに依存しており明確な法的措置などはなかった。しかし改正案では、義務履行期限内にCO2削減が未達成の場合、措置命令により不足量の1.3倍をさらに削減しなくてはならない。さらに命令に違反する場合は、上限50万円の罰金、氏名公表、不足量の費用請求といった罰則を受けることになる(図1)。

<図1> 違反企業にはさまざまなペナルティーが科せられる(東京都 環境局資料より) <図1> 違反企業にはさまざまなペナルティーが科せられる(東京都 環境局資料より)

 削減義務は原則的に事業所やオフィスビルの所有者にあるため、「現場の管理者レベルではなく、経営者主導の下、トップダウンでCO2削減に取り組まなくてはならない」と千葉氏は意気込んだ。

 今後は大規模事業所だけでなく「中堅・中小企業や一般家庭、自動車にまで具体的な排出量削減を求めていきたい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆