ニュース
» 2008年09月01日 15時15分 UPDATE

中国で最も好感度の高い日本企業はキヤノン、全体ではIBMが首位――日本ブランド戦略研究所調べ

五輪で沸いた北京をはじめ中国の消費者層が評価する企業ランキングを日本ブランド戦略研究所が発表した。

[ITmedia]

 日本ブランド戦略研究所は9月1日、中国に進出する主要120社の現地における企業イメージ調査結果を発表した。日本企業ではキヤノンが好感度ランキングで9位に入った。

企業好感度ランキング 全体上位10社・日本企業上位10社 図1 企業好感度ランキング 全体上位10社・日本企業上位10社(同社サイトから)

 同調査は、「食品・水産」や「運輸」「サービス」など9業種の分類に従い、中国に進出する日系企業79社、中国企業11社、そのほかの海外企業30社を対象に実施。2008年7月3日〜15日の期間で、北京、上海、広州に居住する20歳〜59歳までの学生と就労者(月収2500元以上)の計1200人がインターネットで回答した。

 最も好感度の高い企業はIBMで、次いでMicrosoft、Nokiaと欧米企業が占めた。日本企業はキヤノンが最高で9位、以下、ソニー(23位)、ニコン(28位)、トヨタ自動車(30位)、資生堂(33位)となった。中国企業のトップは青島ビールで、全体の6位に入った(図1)

 IBMが1位になった要因として「グローバルで一流企業であることや、就職したい企業として学生から非常に人気が高い」(日本ブランド戦略研究所担当者)ことが挙げられるという。キヤノンについては「商品や広告の認知度が高く、ブランド戦略が浸透している」(同)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆