特集
» 2009年05月11日 08時00分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:答えは東京以外にある――「洋菓子の経営学」

日本一の洋菓子店密度を誇る街で、5年連続の右肩上がり。それを可能にしている要因は何か。「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略。

[ITmedia]

 なぜ、つぶし合いにならないのか。なぜ、共存が可能なのか。なぜ、成長を続けることができるのか。

 神戸、芦屋、西宮の3市を合計した洋菓子店の数は462店。同規模の人口を持つ名古屋市の洋菓子店数は323店。1.7倍の人口を持つ横浜市にも、342店しか洋菓子店はない。阪神間の洋菓子店密度は日本一と言ってよい。

『洋菓子の経営学―「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略』 著者:森元伸枝、定価:1500円(税込)、体裁:四六判 228ページ、発行:2008年1月、プレジデント社 『洋菓子の経営学―「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略』 著者:森元伸枝、定価:1500円(税込)、体裁:四六判 228ページ、発行:2008年1月、プレジデント社

 当然、店舗間競争は厳しい。1995年には阪神・淡路震災により街ごと大きなダメージを受けた。だが「神戸スウィーツ」は、2002年以降、対前年比プラスの成長を続け、今では震災前の水準を上回る。本書では神戸スウィーツの強さと戦略を解き明かしている(収録された御影、岡本、六甲、芦屋の子細な神戸スウィーツ地図、師弟関係がすべて分かる神戸洋菓子職人の相関図は特に興味深い)。

 なぜ、神戸スウィーツは強いのか。キーポイントは大きく3つある。1つは競争と共存を可能にする「人材育成」=弟子の育て方だ。親方の下で修業した若手職人が独立し、店を出すとき、神戸には見えざる不文律がある。その不文律こそが、店舗間のつぶし合いを未然に防くと同時に、若き職人のオリジナリティを高めていったのだ。

 2つ目のポイントは、地元の製粉会社「増田製粉所」の存在だ。単にケーキ原材料の卸元としてだけではなく、あるときは人材供給の仲介者として、スウィーツ業界を支え続けた地元の優良企業である。

 最後は「顧客の水準」だ。近代日本の都市文化を生み育ててきた阪神間の住民は、マスメディアの仕掛けに踊らされ「行列ができる店」に並ぶようなことはない。代々培った舌の感覚は高い水準を保ち、住民間のクチコミネットワークは強力だ。そのネットワークは、師匠の猿真似をしているだけのケーキ店を、あっという間につぶすほどの力を持っている。

 年長者と若手が共存できる仕組み、問屋業に甘んじないB2B業者の戦略性、そして厳しい顧客。この3つがそろったとき、不況や人口規模を言い訳にしない、真に強い地場産業が成立する――と本書は説く。これらの要素は、企業が大き過ぎる都市、人が多過ぎる都市には、もはや手に入れることが難しい武器なのだ。

 洋菓子だから、あるいは神戸だから可能なのだろうか。本書を読了後、全国の地場産業をサーチしようとする人は多いだろう。ヒントを1つ。例えば、島根県松江市には40軒近い和菓子屋がある。1軒あたりの人口は約4500人と、東京の倍近い和菓子屋密度を持つ。Rubyの街には、知られざる「和菓子の経営学」があるのかもしれない。

 本書は「洋菓子業界の仕組みを知る本」として楽しむことも可能である。だが、より深く、「東京以外の場所で闘う発想を得るための本」として読むこともできるのだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆