ニュース
» 2010年08月04日 10時32分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:IT投資ポートフォリオの作成は、CEO、CIOのミッション――武蔵大学の松島教授

 ITmediaエグゼクティブは「第11回 ITmediaエグゼクティブ フォーラム 戦略的経営の第一歩はITプロジェクトの可視化から」を開催。基調講演に登場した武蔵大学経済学部教授の松島桂樹氏は、戦略的IT投資管理の実現方法について講演した。

[山下竜大,ITmedia]

 ITmediaエグゼクティブは「第11回 ITmediaエグゼクティブ フォーラム 戦略的経営の第一歩はITプロジェクトの可視化から」を開催した。

 開会にあたり、アイティメディア 執行役員 ITインダストリー編集統括部長、浅井英二は、「ここ数日間、多くの企業が株主総会を開催し、概ね好調な決算発表を行っているが、景気の動向はまだまだ余談を許さない。コスト削減もやり尽くした感があるが、東アジアの新興市場もにらみつつ、ビジネスを拡大していかなければならない。欧米の企業であれば、社内の投資をダイナミックに変更できるが、日本企業ではそう簡単ではない」と話す。

 「いかに効果的な投資判断ができるかが、企業の競争優位性となる。投資の価値を最大化するためには、どこに投資し、どこを削減するかを的確に判断することが必要。今回のフォーラムでは、いかにITプロジェクトを可視化し、戦略的経営を実現するかを紹介する」(浅井)

“一体化”が不況から立ち直る鍵に

 基調講演には、武蔵大学経済学部教授の松島桂樹氏が登場。「戦略的IT投資マネジメント 〜ポートフォリオマネジメント、投資効果の最大化へのツール〜」をテーマに講演した。松島氏はまず、「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」で健闘したサッカー日本代表の戦いぶりを例に挙げ、「日本チームが活躍できたのは、選手やベンチが“一体化”して戦えたから。いまの日本に求められているのもこの“一体化”だ。世界における日本の役割を理解することで、この後の立ち位置を明確にすることができる」と話す。

 不況期においても高い業績を上げている企業は数多くあるが、その要因を松島氏は、「元気な会社は従来とは違った経営スタイルを持っている」と言う。たとえば、成果主義や効率性、数字経営を否定し、従業員の満足度、幸福度を重視する“利益より人”の経営視点を持っているという。「これこそが、企業の“一体化”を生み出す要因となり、企業再生の鍵となる」と松島氏は話している。

 「逆に不況に弱い企業は、“戦略を持たない企業”だ。コストと品質を競争力とする企業は、ライバルが遅れているときのみに有効な戦略であり、共倒れの戦いとなる。横並びの戦略から脱却するためには、明確な戦略ポジションが必要になる」(松島氏)

 またITを何のために使うのかも重要になる。これまでITは、コスト削減や売上高の増大のための道具として使われてきたが、そのために失業率が増大し、需要低迷やデフレ現象を引き起こしている。

 松島氏は、「こうした状況になるのは、ITの潜在能力を使いこなしていないためだ。ITを人材育成、コミュニティ促進、レディネス(即応性)向上の道具として利用することで、より安心・安全なIT投資を実現できる」と話す。

 それでは、いかに戦略的なIT投資を実現していけばいいのか。松島氏は、「投資内容よりも、他の影響要因が強く関係する。中でも、人的要因、情報の蓄積状況、組織のあり方が重要。効果目標を明確にし、配分可能な予算調整、効果を最大化するための施策検討が優先であり、IT投資ポートフォリオ戦略の立案、実施がCIOの責任となる」と言う。

 IT投資ポートフォリオを実現するためのポイントは、投資タイプによって分類すること、投資タイプごとの予算配分比率を決めること、優先順位をもとにITプロジェクトを採択することの大きく3つ。松島氏は、「IT投資ポートフォリオの比率を決めるのが、CEO、CIOの最大のミッションとなる」と話している。

 具体的な取り組みとしては、エンタープライズアーキテクチャ(EA)の確立が不可欠であり、アーキテクチャやインフラ、ミドルウェア統合、モジュール化、新しい技術の実験・試用など、計画的なIT化を目指すことが必要となる。

 松島氏は、「これまので投資は、生産性の向上、在庫削減、品質改善、販売力向上、顧客満足度向上などが目的だった。これからの投資は、経営戦略の実現を支援するためのIT投資であるべきであり、ITは戦略実現の道具と位置づけることだ」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆