ニュース
» 2012年08月07日 08時00分 UPDATE

田中淳子のあっぱれ上司!:その急ぎは、いつまでなのか (1/3)

急ぎで依頼したはずの仕事を、部下がいつまでたってもあげてこない。部下がさぼっているのか、あなたが舐められているのか、それとも――

[田中淳子,ITmedia]

 日本人はものごとを明確に表現しないことがよくある。私が敬愛してやまない東海林さだおさんも、居酒屋で「ビール2〜3本、やきとり5〜6本!」と注文してもなんとなく通じてしまう、というようなことをエッセイに書いていらっしゃる。

あいまいな期限

 仕事においても「あいまいに表現する」ことが実は日常的にある。例えば上司が部下に「これ、できるだけ急いでやって」と指示し、部下が「はい、分かりました。急いでやります」と返事するといった場面。

 この場合、双方にしっかりとした「あ・うんの呼吸」が成立していれば、部下は「上司が期待した通りの“急いで”」を実現し、成果を出すはずだ。しかし、物事の捉え方も価値観も、言葉に含める意味も理解度も、人それぞれ何もかもが異なるので、そうそううまくはいかない。

 部下が成果を出してきたのが上司の想定よりうんと遅くて、「急いで、と言ったじゃないか」となり、部下も「急いでやりましたけど」と不満に思うかもしれない。指示する側も指示される側も「期限」を明確にしないままコトを進めると、こういうことが起こる。

 あるリーダーから聞いた話。

リーダー:この作業を急いでやってほしいんだけど

メンバーたち:はい、分かりました

リーダー:ええと。今の“急いで”は“いつまでに”やろうと思った? 1人ずつ教えてくれる?

 すると、メンバーはそれぞれこんな風に答えたそうだ。

メンバーA:今週中だと思いました

メンバーB:2時間以内くらいかな、と

メンバーC:今日中に片付けなきゃと感じました

メンバーD:あさってまでに、と頭でスケジュールを組み立てました

 リーダーはとても驚いた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆