連載
» 2013年01月18日 08時00分 UPDATE

キャリアプラン 90歳までの現役計画:40代はどう生きるか

現実を冷静に見つめて、自分の後半生の人生を楽しく始めることが大切。

[郡山史郎(CEAFOM),ITmedia]

 1950年から1990年までの高度成長期には、40代は働き盛りといわれていました。これは、正確には働かされ盛り、です。50代、60代が威張っていて、その下でこき使われたのです。それでも、この時代40代だった人たちは幸運で、その後は楽な仕事、高額の退職金と年金が待っていました。

 2013年の今は、40代は文字どおり働き盛りで、年俸もピークにあります。ただ、そのあとに待っているものは、まったく違います。これから先は、ほとんどの人の稼ぎは減ります。もし収入を増やそうとしたら、過酷な競争が待っています。そして、極めて少数の幸運な人たちだけが、それをつかむのです。

 ベースアップ、とか年功序列という言葉は、もはや、俸禄、知行などと同じく、現代の語彙からは消え失せています。一番伸びしろのある20代、そのイナーシャのある30代までは、給与は上がっても自然です。そのあとは、能力は低下するのですから、処遇が自動的に改善されることを期待してはいけません。さらにそのあとにある退職金や年金も、存在が怪しくなっています。少なくとも、信頼は揺らいでいます。

 40代は、ほとんどの人にとり、ああ、自分はこんなものかという最終結論のでる世代です。もちろん悲観する必要などさらさらありません。すべての人が、イチローの能力や山中博士の幸運を持っているわけではないのは自明の理です。

 大切なことは、すべての人が、神様が自分に命じたのはこのようなことか、と自覚すればよいのです。それを基本に、現実を冷静に見つめて、自分の後半生の人生を楽しく始めることが大切です。その際、家族や親族、友人の理解と協力があればやりやすいので、それを得るように努力しましょう。そして50代、60代がどんなに楽しいかは、もう一度わたしの前回前々回のコラムを読めばよく分かります!!

 決して、大器晩成とか、近いうちに、と言わないことです。ほんとにそれでいいのかな、と悩むことはもうできません。49才ではすべてが遅すぎるのです。

 毎度、同じようなことを言いますが、まだ日本にいるので幸運です。日本には、独裁政権も、テロも、暴動も、人種問題も、民族問題も、宗教問題もありません。平和で、豊かな、行き届いた環境のなかで、暮らしていけるのですから、世界のどこの人たちよりも幸運です。21世紀の日本は、20世紀の日本より、はるかに住みよいところです。さあ40代、人生の盛りを大切に生きましょう。

著者プロフィール

koriyama120.jpg

郡山史郎

株式会社CEAFOM代表取締役社長

1935年鹿児島県生まれ。一橋大学経済学部卒。1959年ソニー入社

スイス、米国に市場開拓マネジャーとして通算12年滞在。米国大企業に転じて、日本代表、北アジア担当、複数の関連会社の社長を歴任。1981年にソニーに復帰し、取締役情報機器事業本部長、常務取締役経営戦略本部長、資材本部長、一般地域統括本部長など歴任。2004年株式会社CEAFOM創業。

国際大学、早稲田大学、一橋大学、九州大学など講義、講師多数。外国人記者クラブ、証券取引監視委員会など講演多数。著書、「ソニーが挑んだ復讐戦」。

ソニー創業者、井深大、盛田昭夫、大賀典雄の直属幹部として永年経営に参加し、社長賞4回の実績あり。現在、多くの企業に対し、経営全般、グローバリゼーション、事業企画などのテーマでアドバイスを行い、また、役員、幹部社員の研修講演なども行っている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆