連載
» 2013年10月10日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:習慣づくりに必要なのは「具体化」と「行動のコントロール」 (1/2)

新しい習慣を身につけるのに気合いや決意は必要ない。重要なのは曖昧さを排除し具体化を徹底するということ。

[石田 淳,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


 「良い習慣が良い人生をつくる」

 ビジネス書、自己啓発書などでよく言われることです。確かにそのとおり。人生はさまざまな習慣によってかたちづくられています。良い習慣を身に付け、悪い習慣を排除することこそ、目標達成のための一番の近道といえるでしょう。

 しかし……習慣を身に付けること(あるいは排除すること)は、そんなに簡単なことではないようです。

131010book.jpg 行動科学で人生がみるみる変わる! 「結果」が出る習慣術

 「しっかり仕事をするぞ!」

 「毎日早起きして規則正しい生活を送るぞ!」

 「ダイエットのために、ランニングを習慣にしよう!」

  気合いを入れ、かたく決意するのだけれど、どうしても続かない……。「結局またダメだった」と、習慣を身に付けられない自分のふがいなさに落ち込んでしまう……。こんなことは、多くの人が経験しているのではないでしょうか?

 リーダーの仕事でも同様です。

 「明日から〇〇〇を習慣にするぞ!」

 大号令を発したとしても、なかなか部下はついてきません。チームに新しい習慣を根付かせることができず、自分の「リーダーの資質」を疑い、自信を無くしてしまいます。「あーあ、誰も俺の言うことを聞いてくれないんだよな……」

 実は、新しい習慣を身に付ける(あるいは身に付けさせる)ためには、効果的な「身に付け方」=「続け方」が存在するのです。それには「気合い」や「決意」といった精神力や「部下がついてくる」という求心力などはまったく必要ありません。着目するのは人間の行動原理のみです。

 当たり前のことですが、そもそも「習慣」とは、行動の積み重ねに他なりません。ならば、「どうやったら行動しやすくなるのか?」を考え、環境や条件を整えて行動をコントロールすることこそが、習慣づくりのコツ、というわけです。

 これが「行動科学マネジメント」の習慣術です。

 このときに重要なのは、曖昧さを排除し、「具体化」を徹底する、ということ。具体的に「どんな行動をすればいいのか」がはっきりしていなければ、新しい習慣を身に付けることはできません。

 例えば前述の「ダイエットのために、ランニングを習慣にしよう」というような目標は、具体化されているものとは言えません。「毎週月曜日と水曜日と金曜日に、30分間家の周りを走る」といったように、数値化できて、誰が見ても分かるかたちのものでなければならないのです。

 あなたがリーダーとしてチームの習慣をつくる場合も、この「具体化」が非常に重要です。「今日から報告・連絡・相談をしっかりやることを習慣にしよう!」などと言っても、それは具体化された目標ではありません。「しっかりやる」という言葉自体が、人によって捉え方、評価がまちまちとなる「曖昧な言葉」です。「報告の回数は? 時間は?」「連絡の回数は? 時間は?」「相談の回数は? 時間は?」これらをはっきり決めなければ、人は何をすればいいかが分からないでしょう。

どうやったら行動しやすくなるのか

 「しっかりやれ」「もっとがんばれ」「報・連・相を徹底しろ」……そのような指示でチームメンバーが動かないのは、当たり前なのです。

 行動が具体化されれば、次は「どうやったら行動しやすくなるのか」を考えます。これが「行動のコントロール」です。このときに忘れてはならないのが、「行動のヘルプ」「動機づけ」「ハードル」の意識です。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆