連載
» 2016年06月09日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:部下が、やる気がないとイラッとする (1/2)

部下のやる気のなさを、なんとかするには、どうしたらいいか。そもそも、リーダーは、やる気のかたまりなので部下とのギャップに悩むのだ。その解決策とは?

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


自分のヤル気に相手のヤル気がついて来ないと、ムッとする。

なぜあの人は感情的にならないのか

 「部下が、やる気がない」とイラッとするリーダーが少なくありません。

 「部下のやる気のなさを、なんとかするには、どうしたらいいですか」と相談されます。

 そもそも、リーダーは、やる気のかたまりなので、部下とのギャップに悩みます。

 自分がやる気があるので、部下にも当然あると、思い込みがちです。これが感情的になる原因で、結果、リーダー自身が疲れます。

 仕事においては、上司・部下・お客さま・取引先・協力スタッフなど、いろいろな人間関係があります。

 感情的になりやすいのは、一生懸命でヤル気のある人のほうです。「人に合わせる」という話と同じです。仕事の企画で、相手がそれほど一生懸命でないことがあります。

 誰しも口では「一生懸命します」と言います。ただし、相手の一生懸命さは、10段階くらいあります。

 例えば、自分が「10」で相手が「3」の時に、「どういうこと?」とムッとします。

 そうは言っても、最初から手を抜くと、いい仕事はできません。

 例えば、Aさんと仕事をする時に、自分は「10」で頑張ったのに、Aさんは「3」ということがあります。

 そこで、次にBさんと仕事をする時に、自分が「3」にすると、Bさんは「10」で来るのです。

 初めての相手と仕事をする時は、「10」のエネルギーでします。相手が「3」なら、「3」に落とします。一生懸命さを「10」から「3」に落とすのは簡単です。

 相手が「3」のエネルギーで来ているのに、自分が「10」のエネルギーで行くと、相手にとっては迷惑です。そこはニッコリ笑って、「ハイ、分かりました。“3”でいいんですね」と言えばいいのです。

 キーワードは、「ハイ、分かりました」です。「なんで?」とは言わないで、「ハイ、分かりました。それでいいんですね」という対応にすればいいのです。

「どうしたら、あの人を変えられますか」と聞く人は、感情的になる。

 「どうしたら部下の意識を変えることができますか」

 「どうしたら恋人の意識を変えることができますか」

 こういう質問は、よくあります。

 この質問をする人は、感情的になりやすいのです。人を変えることはむずかしいのに、あえて挑戦しているからです。

 本来、「やる気のない部下とつき合うために、私はどうしたらいいですか」という質問ならいいのです。そういう人は自分を変えることができるので、作戦を立てられます。やる気のない部下の頭を発奮させるのは、不可能です。

 それは自分の課題ではなく、部下が悪戦苦闘しなければならないことです。悪戦苦闘するなら、自分の課題のためにしたほうがいいのです。部下を変えようとする人は、部下の悪戦苦闘まで自分が引き受けることになるのです。

 感情的にならないためには、他人より自分を変えることです。

 世の中には、いろいろな人がいます。不具合な人を変えることはできません。不具合な人ともうまくやっていく方法を自分が身につけることで、冷静に感情をコントロールできるようになるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆