連載
» 2016年06月23日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:50歳から自由な生き方を手に入れるポイントとは? (1/2)

あなたは、何歳まで働くという自由を手にしていますか? 何歳になったら働くのをやめるという自由を持っていますか? 50歳になったら自分の未来を考えてみてほしい。

[田中和彦,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『50歳から男振りを上げる人 アツい仕事と人生の選び方』

 「あなたは、今、働くうえでの自由を手にしていますか?」

 いきなりの質問で申し訳ありません。自由という概念は、人によってさまざまな面もあります。例えば、もう少し具体的な質問にしてみましょう。

 「あなたは、何歳まで働くという自由を手にしていますか? また同時に、何歳になったら働くのをやめるという自由を持っていますか?」ミドル世代の働き手にとって、この質問は切実なものです。

 話は変わりますが、知人がリストラに遭ってしまったことがあります。50歳を迎えようとする直前のタイミングです。新卒で入社したのが、社名を聞けば誰もが知っている大手企業で、その会社から関連会社の役員待遇で出向していました。リストラの対象になった理由は、その出向先の会社が清算されることになったからです。おそらく途中で出向扱いから転籍になっていたのでしょう。

 出向のことを「片道切符」と言ったりしますが、その言葉通り本社の人事部から「もう戻る場所はない」と宣告されたのです。本人にとっては一大事で、いきなり職を失ったわけですから、あわてぶりは相当なものでした。

 彼はすぐに私のところに相談に来ましたが、正常な判断力を失っていたかに見えた彼に、私はひと呼吸してこう伝えたのです。

 「まずは冷静に今の状況を認識した上で、今後の選択肢を一緒に考えよう」と。

 客観的に考えて、彼の今後は、以下の3つに絞られました。

1、転職する

2、フリーランスとして働く

3、起業する

 この3つの選択肢を示すと、彼は「そうですね」と少し冷静になってくれました。

 突然、職を失った不安の極みの状態から、今後の可能性について具体的なイメージが自分の中にできたからだと思います。

 最初の「転職する」ですが、同業種への転職と異業種への転職とでは、まったく違う進路になります。専門性を生かすなら前者ですし、マネジメント力やコミュニケーション力など、業種や職種を超えて持ち運び可能なスキルを生かすなら後者です。ただ、40代後半の転職は決して甘いものではありません。ある程度条件の悪化を覚悟する必要はあります。

 次の「フリーランスとして働く」は、業務委託契約を結び、個人事業主として仕事を請負うということです。得意分野での専門性を生かせば、そのスペシャリティを買ってくれる企業のサポートをすることは十分に考えられます。社員に比べ、収入が不安定になりますが、サラリーマン的な不自由さからは解放され、マイペースで働くこともできます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆