連載
» 2016年11月10日 07時10分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:チャンスをつかむプレゼン (1/2)

企画力は、新人もベテランもまったく差がない。実現できるかどうかには圧倒的な差がある。その差は何か?

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


企画がうまくなるのではない。企画の通し方が、うまくなるのだ。

『チャンスをつかむプレゼン塾』

 リーダーの仕事は、アイデアをつくり、それをクライアントにプレゼンで通すことです。

 リーダーがアイデアを実現するわけではありません。クライアントがお金を出して、リーダーのアイデアを実現します。プレゼンなしには、リーダーの仕事は成り立たないのです。

 企画力に関しては、新人もベテランもまったく差はありません。ただし、それが実現できるかどうかには圧倒的な差があります。リーダーの企画が通るのは、企画がいいからではなく、プレゼンがうまいからです。

 同業者の中には、「あの企画はオレも考えていた」と負け犬の遠吠えで言う人がいます。プレゼンで通る企画は、ほかの同業者も全員考えていることです。そこでクリエイティブ能力が発揮されるのは、そのアイデアをどう通すかというところです。

 本当のクリエイティビティーは、聞き手を説得する力です。クライアントを説得できなければ、つまらない仕事しかできなくなるのです。

 出版の世界でも、他社のベストセラーに対して「あれぐらいの企画は自分も考えていた」と言う編集者がいますが、負け犬の遠吠えです。その人は、企画を通せなかっただけです。ベストセラーにできた人は、企画を通す力があったのです。

 企画を通すには、2段階あります。

 最初に会社の中で企画を通し、次に社外で通します。今度はそれを消費者に向かって通します。無限に人に向かってつながり、味方にしていくためには、プレゼンという壁を越える必要があるのです。

 僕は博報堂時代に先輩から、「企画をどうしたらもっと面白くできるかより、どうしたらプレゼンで通せるかを考えろ」と教わりました。TVを見て「面白いCMだな」と思うと、いつも「このとんがった企画はどうやって通したんだろう」ということに目が行きます。

 チャンスをつかむ人は、面白いCMを見て「このCMをどうしたら企画できるか」とは考えないのです。

スクリーンの横に立つと、スクリーンが主役になる。

 プレゼンでパワーポイントを使って話をする時、たいていの人が失敗するのがスクリーンの横に立つことです。スクリーンの邪魔になってはいけないと考えるのです。その結果、スクリーンが主役で話し手がわき役になります。映画を解説する弁士のような状態です。

 スティーブ・ジョブズは、プレゼンをする時、スクリーンの前に立っていました。体に映像が映ってもビクともしません。スクリーンが「従」で、自分が「主」であるということです。スクリーンの邪魔にならないように陰に隠れると、話し手の勢いがなくなってしまいます。

 聞き手はみんなスクリーンを見て、話し手を見なくなるからです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆