連載
» 2017年09月26日 07時26分 公開

タイムアウト東京のオススメ:豆皿にときめく

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 一汁三菜が和食の基本といわれていますが、普段からバランスの良い食事を摂れているでしょうか。ジャンクフードが続いてしまう人や、和食自体をあまり食べない人も多いかもしれません。しかし、何をするにも基本となるのは食事。毎日でなくとも、定期的に健康的な食事を楽しみたいものです。野菜を中心とした料理を提供するカフェなど、健康面を意識した店もいろいろとありますが、われわれの救世主となる店がまた1つ西調布に誕生しました。2017年7月5日にオープンした料理店「菜花」です。

 同店は、イベントや食事を通して、物作りの面白さや丁寧な暮らしを提案している手紙社が展開する4店舗目の飲食店。ナポリタンやクロックムッシュのプレートなど、洋食をメインに提供する他の店舗と違い、ここでは箸(はし)を使って食べる「菜花定食」を味わうことができます。可愛らしい豆皿には季節の食材を使った料理が盛られ、メインのおかず以外に8種類の副菜が楽しめるのもうれしいところですね。

トッピングする野菜で季節感を

 料理は、フードコーディネーターのwato氏が監修しました。「いろいろな味を一度に楽しめること」「目でも楽しめて、心身が満たされるメニューにすること」の2点を意識してメニューを考えたそうです。季節の野菜は、副菜だけでなく主菜にも取り入れられています。例えば、写真の肉豆腐。夏はトマトやオクラ、ミョウガがトッピングされていましたが、これからは、ナスやキノコなど、秋の食材に変えていくとのこと。今のところ、ハンバーグ、みそ漬け魚のフライ、肉豆腐という主菜の3品を大きく変えることはないそうで、トッピングする野菜などで季節感を出していきます。

「菜花定食」で使われている豆皿

 店内にはショップスペースも併設されており、「菜花定食」で使われている豆皿や、全国各地から厳選された調味料、ドリンク、菓子などを購入することができます。可愛らしいパッケージのものが多いので、ギフトとしても喜ばれそうですね。

 同店は、11時から13時、11時30分から13時30分の2つの時間帯に限り菜花の予約ページから予約可能。予約なしでも利用は可能ですが、ランチ時は利用客が多いので、確実に入店をしたいという人は予約をしてから足を運ぶのが良いでしょう。

 その他の詳しい情報は「手紙社が手掛ける料理店、菜花。季節野菜を使った理想的な食事を提供」で紹介しています。晴れた日には大きな窓から陽が入り、開放的な空間の菜花。2階には服飾雑貨店の「ソエル(soel)」もあるので、食事を楽しんだ後に訪ねてみるのも良いでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

料理 | 食事 | 野菜 | カフェ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆