連載
» 2017年11月07日 07時14分 公開

タイムアウト東京のオススメ:立ち飲みする

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 角打ちという言葉にはもともと「升に入った酒をそのまま飲む」という意味がありました。今では、酒を販売する店の一角でアルコールを楽しむことを指す場合が多く、小売価格で酒やつまみを味わえるのが特徴です。店の個性を感じさせるつまみや、酒屋ならではのこだわりの1杯を楽しめるのも魅力の1つ。ここでは、日本酒やワイン、クラフトビールに力を入れた、ネオ角打ちと呼ばれる新しいスタイルの店を中心に角打ちスポットを厳選して紹介します。

まるで秘密基地のような雰囲気

 まずは、ディープな飲み屋であふれる門前仲町に2011年にオープンした「角打せ・ぼん」を紹介しましょう。倉庫をリノベーションした同店は、まるで秘密基地のような雰囲気。「而今(じこん)」や「花陽浴(はなあび)」など、手に入りづらい銘柄をそろえ、日本酒好きの常連を日々驚かせています。日本酒は1杯500円ほどで、アイガモのスモークや、シューマイ、塩辛などのつまみも用意しています。フレンドリーな店主をはじめ、知り合った客同士が仲良く飲んでいるのが印象的な一軒です。

約100年続く老舗の酒屋

 次に紹介するのは、明治通りに面した場所にある「ジョリーズ(JOLLY’S)」。約100年続く老舗の酒屋ですが2016年5月にリニューアルを行い、広々としたウッド調の立ち飲みスペースと、地下にサウンドスタジオを併設した酒屋に生まれ変わりました。夕方になると、近隣で働くサラリーマンや、バックパッカーが集まる人気のスポット。店内で販売している全てのアルコールとスナックを小売価格で味わうことができます。フード類には特製のホットドッグとスパムむすびなども用意。アメリカのブルワリーのクラフトビール「LAGUNITAS IPA」や「LOST COAST」を上機嫌で楽しみましょう。

ワインを中心に日本酒やクラフトビールがそろう

 最後は、1933年にオープンした「出口屋」を紹介します。2008年のリニューアルで、立ち飲みスペースを併設した角打ち店になりました。ワインを中心に日本酒やクラフトビール、スナック類がそろいます。ワイン好きな店主は、個人農家の有機ワインを好んでそろえており、角打ちコーナではグラス1杯400円からワインを味わえるほか、日ごとにお薦めのチーズ(150円)などをカットして提供してくれます。ユニークな日本酒としては、オックスフォード大学卒業後、酒造家に転身したフィリップ・ハーバーの日本酒「玉川」もあります。出口屋は、生産者の顔や製法を詳しく学ぶにも最適な店といえるでしょう。

 その他の詳しい情報は「東京、角打ちスポット5選」で紹介しています。個性豊かな店で角打ちを楽しみましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆