特集
» 2008年01月28日 09時08分 公開

米平和部隊のITスペシャリストたち:【第3回】前線からのインプット (2/2)

[Joan Indiana Rigdon,ITmedia]
前のページへ 1|2       

塹壕の中のプログラマーたち

 塹壕の中にいるプログラマーたちも、そうした見方に同意する。アプリケーションシステム開発の専門家、ダンカン・ヘイズ氏は、5年ルールの適用が免除された数少ない職員の1人だ。すでに平和部隊に9年在籍している。

 セカンドツアーを終えた後、ヘイズ氏はサードツアーに選ばれた。3回目のツアーが終わると、システムに関する知識を高く評価され、「専門家」のステータスを得た。こうしてヘイズ氏は、その後1年ごとに契約更新ができるようになったのである。

 任期中、ヘイズ氏はアムダール製メインフレームの購入、廃棄、ならびにマイクロソフトの「.NET」の導入に立ち会った。「5年ルールにより、近代化がスムーズに進行した」とヘイズ氏は語る。

 その比較として、友人が働く連邦政府機関の問題を指摘した。「そこには旧型のメインフレームがあり、年老いたメインフレーム・プログラマーの一団が居座っていた。彼らは従来のやり方を変えることができなかった。結局、何もできないまま、お荷物になっていた」(ヘイズ氏)

 「ここでは新しいマネジャーが新しいアイデアを持ち込み、新しいことを提案する」とヘイズ氏。問題は、優れたアイデアを次世代にどう継承していくかだ。「われわれが築き上げたナレッジベースをどのように管理し、蓄積していけばよいか?」と、キャンベル氏は問いかける。

※本稿の内容は2007年2月時点となる。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2007 TechTarget, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆