ニュース
» 2008年07月22日 07時30分 公開

内部統制を徹底し過ぎる日本人、効率良く経営改善に転化せよITmedia エグゼクティブセミナーリポート(2/2 ページ)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

内部統制を絶好の機会ととらえよ

 企業はこのまま不十分な形でJ-SOX法対応を続けていても良いのだろうか。「内部統制をきっかけに業務を可視化して、効率化につなげることができるチャンスだ」と田尾氏は強調する。そこで有効なのがITの活用だという。

 「ITによって業務プロセスを標準化し、連結グループ全体で1つのシステム基盤を共有することが望ましい。これはIT部門だけの話ではなく、ユーザー部門としても企業価値向上のためにどうITを使うかを考える機会になる」(田尾氏)

 川井氏も続ける。「J-SOX法はIT部門にとっても良いきっかけになる。ただ監査人の指示に従うだけではなく、経理部門や経営者と対話しながら『自分たちが率先してやるのだ』という意志を持ってほしい」。

 最後に、IT部門とユーザー部門の内部統制に対するかかわり合いについて内山氏は「(ユーザー部門は)早い段階でIT部門を巻き込む一方で、IT部門も自ら積極的に関与していくべきだ」と総括した。

「第5回 ITmedia エグゼクティブ セミナー」パネルディスカッションの様子 「第5回 ITmedia エグゼクティブ セミナー」パネルディスカッションの様子

関連キーワード

SOX法 | 内部統制 | 経営 | 文書化 | 経営者 | 監査法人


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆