ニュース
» 2009年04月22日 09時09分 公開

トヨタの「自前主義」に微妙な変化――情シスを統括する大西常務ロングインタビュー(5/5 ページ)

[聞き手:怒賀新也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ハイブリッドや電気自動車時代のクルマ

ITmedia 今後ハイブリッド車や電気自動車が普及すると、見た目は同じでも、エンジンを搭載した従来の自動車とは実質中身は別のものになるという指摘もあります。

大西 フラグシップ製品「LEXUS LS」シリーズをみると、制御系のプログラムは700万行以上あり、自動車1台にコンピュータを100個前後搭載しています。世の中で盛んにいわれているのは、コンピュータ同士をつなげて新たな付加価値を出せないかという話です。例えば、高齢者などの運転者の体力を検知してブレーキアシストの力を変えるとか、車車間通信、テレマティクスなどの領域に、今後は自動車の付加価値が出てくるでしょう。エンターテインメント系の機能も重要かもしれません。

 これまでのような「走る、曲がる、止まる」という自動車をつくるために垂直統合していた産業構造が変わり、電機メーカーや通信キャリアを含めた水平結合型の産業になっていくことも考えられます。現状、水平結合という意味では、自動車産業が強いリーダーシップを持ち得ていないのが実情です。

 「クルマの最終アセンブラ」という意味での仕事は変わらなくても、実際の価値がクルマではないところに移ってしまう可能性もあります。その価値を自動車メーカーとしていかにして実装するか。例えば、車載器などによる付加価値の提供方法が考えられますが、まだよく分かっていません。

 これまで、ロボットやバイオなどさまざまな分野にトヨタは着手してきたのでよかった。そういった新しい技術を手にしていないと、それこそ自動車産業は過去の産業といわれかねない状況です。

 自動車は本当に良いものです。ドアツードアでこれくらい随意性の高い乗り物は他にありません。道とガソリンスタンドさえあれば、他に何もいらないわけです。電車にせよなんにせよ、ものすごく大規模なインフラが必要になります。その意味で、クルマの商品としての価値は簡単には棄損しないと考えていますが、カーシェアリングのような考え方もでてきています。「電化製品」のようにコモディティ化すると、ある意味では誰でもつくれるようになってしまいますので、電気自動車などが普及する時代に備えて、ITによる付加価値部分も高めていく必要があります。

 「基幹系システムはこの人、車載系のシステムはこの人が担当」なんて言っている場合ではありません。MicrosoftがFordとテレマティクスで協業しています。そんなようなことが、今後増えていくと思います。

ITmedia 個人的なものも含めた2009年度の目標を教えてください。

大西 冒頭申し上げた通り、私自身は、まだまだ経験が浅く、現在もシステムを正しく理解する上での途上にいます。部下は私がシステムを正しく理解しているかどうかをチェックしています(笑)。私の言動が徐々にメンバーの信頼を上げていっているという気はしていますが、3年目に入り、いよいよ「これは私が手掛けた」というものを形にしたいと思っています。

 現在は、次世代トヨタITグランドデザインを創ろうという話をしています。要するに、ここまで述べてきたことですが。内容は4つほどあります。投資構造、IT調達とベンダー政策、連結を含めたガバナンス、もう1つが技術動向の見極めです。オープン化、SOA、クラウドコンピューティング、サーバの在り方など、私にとって今後主流となる技術や製品の流れを含め、勉強しなければならないことは山ほどあります。

過去のニュース一覧はこちら

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆