ニュース
» 2011年01月05日 11時54分 公開

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:知識管理の基本 (3/5)

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

ルール3:ニーズ評価を行う

『企業が検討している知識管理システムの目標、範囲、要件を明確にすることから始めてください。専門家はこのKMシステムの実施におけるニーズ評価の段階を「知識監査」と呼びます。この段階での知識収集には、調査やアンケート、インタビューを行います。その中で、KMシステムを強化するために企業が取り組むべき課題が見えてくることがあります。この時、分野やチーム、部署やユニットなど、企業にとって意味のあるグループごとにデータを集めるようにしてください。そうすることで、確実に関連性のある情報を集める事が出来ます。

まずは、少ない量から始めましょう。1つのグループを使って試験的なKMシステムを作るか、KMシステムを「事前確認」することで不備をなくし、残りのグループ用に戦略を改善してください。知識監査は時間がかかるものですが、監査で得られた結果は、従業員がやるべき事、すでに十分に機能しているプロセス、知識が重複しているカ所、情報が詰まっているカ所、そして今 現在従業員がどのように情報を得ているかなどを教えてくれます』

 知識管理は社内のデータベースとはいえ、何でもかんでもそこに入れ込み管理するのではなく、会社に必要なものを精査した上でデータを収拾しなくてはなりません。

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆