連載
» 2021年02月18日 07時09分 公開

学びを最大化する TTPSマネジメントとはビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(1/2 ページ)

新しいことに取り組む場合、まず巨人の肩に上って全体像を把握し、その次に自分自身のオリジナリティーを発揮して、さらに高い場所から物事を見られるようにする。

[中尾隆一郎,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


TTPはさまざまな場面で活用できる

『学びを最大化する TTPS (徹底的にパクって進化させる)マネジメント』

 TTP(徹底的にパクル)は「偉大な先人の知恵から学ぶこと」で、さまざまな場面で活用できます。この偉大な先人の知恵から学ぶことを科学の世界では、「巨人の肩に乗る」と表現することがあります。ここでいう巨人とは、先人の科学者の中で、偉大な功績を残した人を指します。

 例えばニュートンやアインシュタインのような人で、その分野の偉大な巨人がいるのであれば、まず、その人が残した成果を学びましょうという事です。巨人の肩に乗ることができれば、高い位置から見ることができるはずです。自分の高さでは見えなかった、いろいろな物事が見えるようになるはずです。

 あなたが、新しいことに取り組む場合、まず巨人の肩に上って全体像を把握し、その次に自分自身のオリジナリティーを発揮して、さらに高い場所から物事を見られるようにする。この手順の方が効率的ではないでしょうか。ちなみに、巨人の肩に乗ることがTTP(徹底的にパクル)だとすると、登った後に自分自身のオリジナリティーを加えて、さらに高みに上ることを、この本のタイトルにもなっているTTPS(徹底的にパクッテ進化させる)と名付けました。

 そして、TTP、巨人の肩に乗ることで効率的にスキルを習得できるのは、科学の分野だけではありません。さまざまな分野で活用が可能です。例えば茶道、華道、武道などには守破離という言葉があります。型を守り、型を破り、型から離れる。と表現されます。型を守る「守」の部分は、基礎である「型」を徹底的に習得する事です。

 この部分はTTPつまり徹底的にパクるに該当します。そして、一度学んだ型を破り進化させる「破」の部分、これがTTPSつまり徹底的にパクって進化させるに該当します。ちなみに、「離」の部分は、いわゆる天才や超一流の域で、TTPSの対象ではありません。

 そして、このTTPSは、私たちの仕事や勉強でも活用できるのです。なぜならば、偉大な功績を残した人は、さまざまな分野に存在するからです。

仕事でのTTPSの進め方

 例えば、仕事の場面を考えてみます。

 組織の責任者が「方針」や「戦略」を考える際にも活用できます。中間管理職が、その方針や戦略を受けて「戦術」を考える場合にも活用できます。そして、メンバーが、その戦術を受けて日々のオペレーションを考える場合でも活用できます。さらに日常的な業務、例えば、資料の作成の仕方、分かりやすい日報の書き方、会議の仕方、上司への相談の仕方、接待の店の選び方、商談の進め方などなんにでも活用できるのです。

 TTPは、イケテイル先人の方法を見つけて、それをTTPするわけです。その対象は、組織の責任者の方針であっても、中間管理職の戦術であっても、メンバーの日報の書き方であっても、ステップは同じです。まず、自分自身、あるいは組織が強化したい箇所を特定する。そして、その強化したい箇所について最高にイケテイル方法を見つける。そしてそのイケテイル方法の重要ポイントを見つける。そして、その方法をTTPするという事です。

 一番重要なのはイケテイル方法を見つける事です。例えば、中間管理職であるあなたが、戦術を考える場合、イケテイル方法を見つけるためにいくつかの方法があります。(1)自分自身が過去うまく行った方法をTTPする。(2)周囲の同僚の方法からTTPする。(3)社内でもっともイケテイル中間管理職の方法をTTPする。(4)さらに枠を広げると同業含めて社外で一番イケテイル人の方法をTTPする。(5)さらに広げると異業界含めて一番イケテイル人の方法をTTPする。などが考えられます。

 (1)〜(5)のどの方法もあり得ます。あなた自身が会社を代表するような人材であれば(1)が有効です。周囲に優秀な同僚がいるのであれば(2)も有効です。ただし、TTPの本当の目的は、巨人の肩に乗る事です。せっかくTTPするのであれば一番イケテイル方法を選びたいのです。つまり少なくとも(3)、できれば(4)(5)を目指したいものです。

 ところが、往々にして、手近な方法から学ぼうとする人が多いのです。それでは、せっかくTTPしても巨人の肩に乗ることはできません。TTPする際には、少し視野を広げて対象を(3)〜(5)まで意識してみてください。

 どうやってアクセスするのか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆