連載
» 2023年01月19日 07時06分 公開

色気は、50歳からビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(1/2 ページ)

リーダーに求められるのは、色気。異性からだけでなく、同性からも、色気のあるリーダーが、人気がある。

[中谷彰宏ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


愛される力より、愛する力から、色気が生まれる。

『色気は、50歳から。』(Amazon)

 リーダーに求められるのは、色気です。色気のあるリーダーと、色気のないリーダーに分かれます。人がついてくるのは、色気です。異性からだけでなく、同性からも、色気のあるリーダーが、人気があります。

 「色気をつけるにはどうしたらいいか」というのは、誰でも考えることです。色気をつけることで愛されたいと思っていると、下品なイヤらしさになります。受け身の他者承認だからです。

 品のある人は、愛されるよりも、自分の色気で人をハッピーにしたり、愛する力をつけたりしたいと考えます。

 「愛されたい」というのは、自分のための色気です。「誰かをハッピーにするための色気をつけたい」と思うと、イヤらしくない爽やかな色気が生まれます。

 50代になると、色気のある人とない人にくっきり分かれます。社会人になってから30年たつと、もう一度生まれ変わる時期が来ます。会社員なら、次の会社に転職したりします。それが50代です。

 今、メンタツの世代が50代に差しかかっています。第2の面接を受けるのが50代です。

 20代の面接では、子どもから社会人になれているかどうかを見られます。結局、面接で通る人は社会人になれている人です。はたち過ぎで大学を卒業するころになっても、社会人になっている人と、まだ子どもの気分の人に分かれます。これを見きわめるのが20代の面接でした。

 50代の面接では、誰もが社会人になっています。今度は、魅力のある人間になっているかどうかを見られます。

 例えば、「編集者として仕事はできても、人間としてつきあいたくない。一緒にごはんを食べたくない」と言われる人がいます。この人は、社会人としては合格でも、人間としては不合格です。

 50代は、人間としての面接を受ける段階に来ているのです。これは、ただ第2の就職ができるかどうかではなく、本人自身が豊かで楽しい人生を送れるかどうかの分かれ目です。転職するかどうかにかかわらず、50代は、「自分は社会人としてはいいけど、人間としてどうなんだ」ということを考える時期です。

 人間としての魅力があることを「色気」と言います。「水っぽいよね」というのは、職業的なところへ走りすぎています。社会人を前面に出しすぎると、人間としての魅力に欠けてしまいます。

モノより、人に興味を持つ。

 あるワークショップで、「青い空というタイトルで絵を描いてください」という課題を出しました。

 青い空を描くのは難しいです。空だけ描こうとして青く塗っても、海なのか水なのか空なのか分かりにくいです。色もそれほど使いません。

 この時、たいていの人は、まず雲を描きます。それで終わりの人が多いのです。もう少し進むと、水平線・地平線・家・山を描き始めます。ここで初めて、その人の視野の広がりが分かってきます。

 社会人を30年も続けていると、いつの間にか視野がどんどん狭くなります。仕事がうまくいくように、あらゆることを効率よくこなそうとして、視野を狭める方向にいきます。人間が満員電車に耐えられるのは、視野を狭めてまわりの人を見ていないからです。

 「結婚したいけど相手が見つからない」と言う人は、恋愛に興味がないのです。恋愛を飛ばして結婚という制度の方に意識が向いています。「恋愛をしたい」と言う人も、まず好きな人ができないと恋愛はできません。

 「青い空」の絵でせっかく地平線・水平線を描いても、その後、人間を描く人と描かない人に大きく分かれます。中には、「青い空と言ったでしょう。人間を描くなら最初から言ってくださいよ」と言う人がいます。

 面白いことに、そんなことを言わなくても、絵の中に人間を描く人がいます。描く人数は、1人と2人以上で分かれます。

 1人だけ描く場合は、気持ちのいい海岸に自分1人がいるという絵です。「人に興味がある」とは、自分以外の誰かに興味があるということです。複数の人間を描けるかどうかが、人に興味があるかどうかの分かれ目です。

 ほとんどの人は、空を大きく、人間を小さく描きます。それは人に関する興味が小さいのです。

 何かの建物の前で写真を撮ってもらう時、たいていの人は建物の方に寄っていきます。そこで「もっと手前に来てください」と言えるカメラマンは人間に興味がある人です。カメラに寄ってもらうことで、人間を大きく撮れるのです。絵も同じです。人間をたくさん描けるのは、愛し力のある人です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆