ニュース
» 2008年08月08日 11時48分 UPDATE

「SOAが進まないのはすぐに投資効果が見えないから」――オラクル社長

なかなか日本企業に普及しないSOA。経営トップの考え方がこうした現状に影響を及ぼしているという。

[伏見学,ITmedia]

 日本オラクルは8月7日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)のコンサルティング新サービスに関する説明会を開いた。社長執行役員 最高経営責任者(CEO)の遠藤隆雄氏は、日本でSOAが進まない最大の原因は「投資効果がすぐに表れないことにある」と述べた。一方で、企業がグローバル競争に勝ち抜くためにはIT投資によるシステム、インフラ整備が不可欠だと強調した。

社長執行役員 CEOの遠藤隆雄氏 社長執行役員 CEOの遠藤隆雄氏

 なぜ日本企業にSOAは受け入れられないのか。遠藤氏は次のように説明する。「最大の理由は、導入の過程においてどれほど効果が出ているか目に見えず、メリットをすぐに享受できない点である。SOAを進めるためには長期的なビジョンを持たねばならないが、経営トップはすぐにROI(投資収益率)を求めるため、どうしても先行投資には消極的になってしまう」。また、SOAの指すサービスという概念が分かりにくいことや、IT部門が主導で実施していることなども阻害原因という。遠藤氏は「(SOAは)ビジネス部門とIT部門の連携が必要だ。業務プロセスの柔軟性を高めるためのプロジェクトが企業で立ち上がれば、SOAの導入もスムーズになる」と力を込めた。

 セールスコンサルティング統括本部でSOAアーキテクト本部長を務める的場大輔氏も続く。「日本企業の多くはSOAを検討しているにもかかわらず、進め方が決まらなかったり、効果を経営層に説明できなかったりと一向に取り掛かろうとしない。一方で、先行する企業はあれこれ考えずに始めてしまっている」。このようなフットワークの軽さも成功の秘けつだという。

SOAアーキテクト本部長の的場大輔氏 SOAアーキテクト本部長の的場大輔氏

 このたび同社が提供を開始するのは「SOA Insight」というコンサルティングサービスで、SOAの専任部門が対話を中心に約2〜4週間かけて導入の進め方を顧客にガイドする。的場氏は「SOAの実現には製品と経験に基づく技術力、そして高度な知見が必要となる。特にノウハウともいえる知見を提供するというのが大きな特徴だ」と意気込んだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆