ニュース
» 2011年03月30日 09時00分 UPDATE

エグゼクティブとiPad:「iPadの優れた表現力はプレゼンで強力な武器に」――ネットイヤーグループ 石黒CEO

モビリティに優れたタブレット端末は、現場を駆け回るビジネスマンのみならず、企業の経営者にとっても有益な道具だ。彼らはiPadをどうとらえているのか。Webマーケティング業務などを支援するネットイヤーグループで代表取締役社長 兼 CEOを務める石黒不二代氏に聞いた。

[構成:伏見学,ITmedia]

 私は新しいIT技術が大好きなので、米Appleのタブレット端末「iPad」は早々に手に入れました。普段仕事では、資料作成などを行うノートPC、プレゼンテーションツールとして活用するiPad、そして外出時にメールチェックなどを行うiPhoneと、主に3つのデバイスを併用しています。

ネットイヤーグループの石黒不二代CEO ネットイヤーグループの石黒不二代CEO

 元々、ノートPCは社内外問わず常に持ち歩いていたのですが、iPadが登場したことでいくつかのPC業務をiPadで補完できるようになりました。その最たる部分がプレゼンテーションです。

 PCが自分自身の作業のために使うスタンドアローン型のデバイスだとすると、iPadは周囲の人たちとの接点になるデバイスであり、さまざまなコンテンツを見せるためのプロジェクタのような存在といえるでしょう。iPadはプレゼンテーションツールという点で最大の能力を発揮します。高機能な液晶、高い操作性などによるデバイスの表現力は、そのままプレゼンの表現力向上につながります。

 当社のようなソリューションプロバイダーやコンサルティング会社にとってプレゼンは命。特にWebサイトや携帯アプリなどデジタルコンテンツの提案においては、いかに開発力、デザイン力を適確にアピールできるかが重要です。

 私は経営者として、さまざまな場面でプレゼンする機会が多いのですが、従来だと、PCのパワーポイントを会議室のモニタに映したり、紙資料を配布したりしていました。iPadを活用すれば、テキストだけでなく、画像や映像、音楽などさまざまな素材を組み合わせてコンテンツを表現できるようになります。タッチパネルを使って直感的に操作できる点も大きな付加価値です。iPadというデバイス自体がプレゼン資料になるのです。

 今あるものをより良く表現する――。iPadの特性を生かすことで、新たなビジネスチャンスを創出することも可能になります。例えば、知人のデザイン会社では、これまで紙というアナログ媒体で表現していた水墨画をデジタル化し、音や動きをつけてiPadアプリで見せることで、大きな反響を得ました。

 iPad(App Store)という世界共通のプラットフォームを活用することで、日本の優れたコンテンツや文化など、今まで持っていた資産を世界中のより多くの人たちに届けることができるようになります。やはり、ビジネスシーンにおいては、コンテンツの表現の場としてiPadを使うことが最良の方法だと感じています。(談)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆