連載
» 2016年04月19日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:せんべいスタンドに通う

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 1804年創業の老舗の和菓子屋、松崎煎餅がのんびりとした空気の流れる松陰神社通り商店街にオープンしました。創業当初の「街のおせんべい屋さん」という存在に立ち戻り、また、松崎煎餅の和菓子をもっと多くの人に知ってもらおうという思いから、カフェスタイルの新業態としてこの街に出店したそう。

160419timeout02.jpg カフェスタイルの新業態

 店内に入ると、物販とカフェスペースに分かれており、カフェスペースでは、フードと甘味のメニューがあります。おすすすめは、料理研究家の稲垣晴代が主催するフードユニット「MOMOE」の1日15食限定のランチプレート。MOMOEの料理は、化学調味料を使わず、有機野菜を使用することにこだわり、見た目も鮮やかで美しいのが特徴です。「お惣菜7種盛り定食」は、野菜をふんだんに使い、素材本来の良さがいかされた繊細な味付けのプレートでした。

160419timeout03.jpg 化学調味料を使わず、有機野菜を使用

 看板商品の瓦煎餅「三味胴(しゃみどう)」とコーヒーがセットになったメニューもあります。この一見意外な組み合わせの相性の良さは、副社長の松崎宗平が気に入っていることからメニューになりました。コーヒー豆は、スペシャリティコーヒーショップ「THE FIVE BEANS」のものを使用し、ハンドドリップで丁寧に淹れてくれます。

160419timeout01.jpg 甘味も楽しめる

 そして、「地域密着」をひとつのテーマにしている同店では、子ども連れが多い同エリアの特性に配慮し、ベビーカーが通れるスロープの設置や、トイレのスペースを広くとるなどの工夫が施されています。また、親子で参加可能な瓦煎餅に絵付けをするワークショップなども今後開催し、地域との繋がりを深めていくようです。

 そのほか「松陰神社通り商店街に、カフェスタイルの松崎煎餅がオープン」の記事では豊富な写真とお店の魅力を伝えています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | カフェ | コーヒー | 料理 | 野菜 | 日本 | 和風 | ランチ | 惣菜


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆