連載
» 2018年06月12日 07時03分 公開

タイムアウト東京のオススメ:果物入りのコーヒーを飲む

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 日々進化している日本のコーヒー、カフェ文化。東京にも星の数ほどカフェがありますが、2018年6月8日(金)に原宿にオープンした「アオタイガー コーヒー」は、東京のコーヒー好きに全く新しい体験をもたらしてくれるでしょう。同店で提供されるのは、コーヒーとフルーツを組み合わせた、斬新な1杯です。

果物がゴロッと入ったコーヒー

 ドリンクは、「富士山スノーカバーコーヒー」「フルーツラテ」「クラシックセレクション(ラテとアメリカーノ)」の3種類を用意。一押しメニューは、果物がゴロッと入ったコーヒーに、酸味と塩っ気のあるクリームで蓋をした「富士山スノーカバーコーヒー」です。果物は、バナナ、りんご、パイナップル、イチゴの4種類から選ぶことができます(「フルーツラテ」も同様に4種類から選択可)。

コーヒーに果物そのものを入れてしまって本当においしいのだろうか

 コーヒー豆の紹介として、時に「フルーティーな風味」なんていう言葉を耳にしますが、コーヒーに果物そのものを入れてしまって本当においしいのだろうか。不安に思う人もいるかもしれませんが、心配は無用です。「富士山スノーカバーコーヒー」のバナナを一口飲んでみると、浅煎りのコーヒーはフルーツの爽やかさと絶妙に調和しており、意外にも相性抜群。これはもう、同店のメニューを開発したという台湾出身のバリスタ、テイ・ユー(Tei Yu)の味覚センスをたたえるしかありません。

 1つ気になる点を挙げるとすれば、コーヒーはもっぱらブラック派という人にとっては、少し甘すぎると感じるかもしれないということでしょうか。ですが、「コーヒーを飲まない若い層がくる店」を目指す同店にとっては、全く問題ないでしょう。

驚きの作り方

 オープンに先駆け、6月6日に行われたメディア向けのレセプションには、テイ・ユーも来日。実際にドリンクを作って見せてくれたのですが、その作り方にも驚かされました。エスプレッソを作り終えると、彼女はシェイカーを取り出し、フルーツフレーバーのソースや水(フルーツラテの場合はミルク)などを入れ、バーテンダーのように振り始めたのです。ソースは0.1グラムでもずれてはならないし、シェイクの回数は10回だけ。誰が作っても同じ味で提供できるように、ルールも細かく決められています。

 その他の詳しい情報は「コーヒー×フルーツ? 新感覚の1杯を提供するアオタイガー コーヒー、原宿に誕生」で紹介しています。ドリンクの提供には時間がかかるので、オーダーをして、すぐにコーヒーを受け取りたい人には不向きな店かもしれません。しかし、刺激的なドリンクで、われわれの心を躍らせてくれることは間違いないでしょう。「富士山スノーカバーコーヒー」も「フルーツラテ」も苦味が控えめで、コーヒー初心者にとっては飲みやすい味わい。普段コーヒーをあまり飲まない人こそ、ぜひ足を運んでみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

コーヒー | カフェ | 作り方 | 飲食店


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆