連載
» 2008年02月26日 09時00分 公開

もがき続けて4カ月、念願の仕事に就いたがもう辞めたい女性カウンセラーに悩み相談(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

自分に合った企業文化を把握する

 あなたは「合わせる」という言葉をお使いですが、それはつまり、今いる会社の企業文化があなたには合っていないということなのだと思います。わたしは常々、自分のクライアントに対し、自分に合った企業文化がどのようなものなのかを把握し、転職の際にそうした側面も考慮に入れられるよう何か方法を見つけておくようアドバイスしています。

 もはや救出困難な状況に置かれていると思うのであれば、転職先を探し始めましょう。そして、自分にはどのような企業文化が合っているのかをよく理解した上で、その点を判断材料に加えるようにしましょう。今の仕事については、履歴書にきちんと記載すべきです。在職期間が短い理由を問われたら、率直かつ客観的に説明してください。

ウインディ・ワーナー氏(Pro Coach/テキサス州ダラス)

関連キーワード

コミュニケーション | 転職 | CEO | 人材 | 経営 | スキル


前のページへ 1|2       

Copyright© 2007 TechTarget, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆