連載
» 2008年03月04日 09時09分 公開

環境負荷低減とコストダウンを両立 「マテリアルフローコスト会計」で始める環境経営(前編)トレンドフォーカス(2/2 ページ)

[富永康信(ロビンソン),ITmedia]
前のページへ 1|2       

物量情報と財務情報の統合で新たな視点が

 MFCAの最大の特徴は、標準値を基準とした通常の歩留まり管理では見えていなかったコスト、つまり原材料以外の洗浄剤、溶剤、触媒などの補助材料のマテリアルコストや、労務費や減価償却費、加工費などのシステムコスト、電力や燃料などのエネルギーコスト、さらには廃棄物の輸送費や処理コストなどを顕在化させることにある。

伝統的原価計算の製造工程観とMFCAにおける製造工程観の違い(出典:中嶌道靖・國部克彦『マテリアルフローコスト会計』日本経済新聞社)

 従来捨てられていた廃棄物も「負の製品」としてとらえることで、良品としての「正の製品」の原価計算と分離されることなくコストを積み上げることができ、抜本的なコスト削減が可能となるという。

 長年、MFCAの研究と普及に尽力する神戸大学大学院経営学研究科教授の國部克彦氏は「インプットからアウトプットまでのフローを追うことで、企業の経済活動の現場で環境保全活動を連携させる環境管理会計の基盤システム構築への最も有力な手法ともなりえる」と、その有効性を強調する。

 MFCAは、物量情報と財務情報を利用することから、基幹情報システムの利用が有効となる。MFCAの基礎となる情報基盤は、工程内の資源の流れをフローで可視化したマテリアルフローモデルと、これに情報を提供するデータベースで構成される。

MFCAを取り巻く構成(出典:中嶌道靖・國部克彦『マテリアルフローコスト会計』日本経済新聞社)

 このデータベースは物量ベースのマテリアルバランス情報と財務情報という膨大なデータを扱うことから、大規模な企業ではERPとの連携が不可欠だ。

 例えば、工程別の労務費を実作業時間から算出し、それを原材料が製品になる量とロスになる量との比率から廃棄コストに割り振るといった計算も、実データに基づき行えるようになる。また、小規模企業では、MFCAシステムの雛形として「Excel」などで作ったパソコンツールで利用を始めても効果を出せるという。

後編に続く

関連キーワード

会計 | 経営 | グリーンIT | CSR | 製造業 | ERP | Excel


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆