連載
» 2008年09月10日 10時00分 公開

星野ジャパンが勝てなかった理由問われるコーチング力(2/2 ページ)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

まずゴールを見据えよ

 それでは、組織遂行力のある組織とは、具体的にはどのような組織であろうか。次の8つである。

  1. ビジョンやゴールが明確である。
  2. メンバーがそのビジョンやゴールを理解している。
  3. ゴールを達成するための戦術が明確である。
  4. メンバー全員がゴールに向かって、一致協力していく戦術を実行していく。
  5. メンバーの相互理解と信頼関係が築かれていて、情報共有の仕組みが出来ている。
  6. メンバーが、組織が成功することが、自分が成長することにつながると考えている。
  7. メンバーが自発的に考え、情報を共有し、実践・実行するということが習慣になっている。
  8. 継続的に成果を出す体質になっている。

 このような組織遂行力を発揮する組織をつくることが、リーダーの役割である。組織のビジョンやゴールを明確にし、メンバー全員で徹底的に議論し、そのビジョンやゴールの理解に努める。そして、ゴールを達成するための戦術を明確にし、メンバー全員で協力して、ゴールに向かってその戦術を実践・実行していく。

 メンバーも組織が勝つことが自分自身の成長につながると考え、自発的に行動することを習慣にする。

成果を出し続ける組織

 大切なのは、成果を出し続ける体質になることである。企業は一度成果を出せばいいというものではなく、成果を出し続けないと存続できない。結果を出すことを習慣化することが重要である。

 人には活躍するステージが必要である。いくら有能な人でも、発揮する場所がなければ宝の持ち腐れである。ただ、個々人が勝手に力を発揮しても、組織として成果を出すことはできない。

 個人がそれぞれの能力を生かしつつ、ほかのメンバーとともに力を合わせても活躍する。そしてチームとなって活躍する。そのステージをつくることが大切である。リーダーがそうしたステージを提供することで、メンバー全員が能力を発揮し、成果を出し続ける組織になるのである。

 組織遂行力のある組織について述べたが、次回は組織遂行力が低下している組織について、もう少し掘り下げてみていきたい。


プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆