連載
» 2008年11月19日 09時00分 公開

問われるコーチング力:リーダーを育てる「4つの質問」 (2/2)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

次の一手を考える

うまくいかなかったことの原因は何か?

 これは、2つ目の質問の返答に対する原因を探るものである。これが分かれば問題の解決は容易だ。気を付けることは次の2点である。

1. 真の問題点を見つける

2. どのような行動が不足していたかを書く


 例えば、うまくいかなかったことに「売り上げ目標を達成できなかった」と書き、その原因を「やる気がないから」とすると、「やる気を出せばいい」ということになる。しかし、これでは何の解決にもならない。真の問題点を見つけられていないからである。

 売り上げを達成できなかった真の問題点は、実は「自身の仕事に忙殺され、部下への気配りやフォローが足りなかった」ということがあり、それを解決するには「仕事の時間を削り、部下を指導、フォローする時間を設ける必要がある」となる。真の問題点を見つけ、どのような行動が不足していたか、その視点に立って書き出すのがポイントである。


次の一手は何か?

 この質問は最も大切である。2番目の質問で問題点を見つけ、3番目の質問でその原因を明らかにしたのならば、問題点を解決するために何をしたらいいのか、次の一手を考えるべきである。

 ゴールを達成するためには、次の一手を常に意識しなければならない。書き出す際には3W(When、What、Who)を明確にする。

1. When(いつするのか)

2. What(何をするのか)

3. Who(誰がするのか――リーダー自身がすることもあれば、誰かに任せることもある)


 次の一手を常に意識できるようになれば、ゴールを達成できる可能性は高くなる。

ゴールに向けて常に自問自答する

 この4つの質問は、個条書きでいいので必ず書き出してほしい。多くの時間をかける必要はない。それぞれ数分で構わない。書き出すことで自分自身の考えが整理され、課題が浮き彫りになるのである。リーダーであれば、これらの質問に答えられないというのは致命的だ。なぜなら、ゴールがしっかりと設定されていないということになるからである。

 ゴールが明確であれば、それを達成するために戦略を練り行動する。それに対して、「うまくいったこと」「うまくいかなかったこと」「その原因」「次の一手」が明らかになるはずである。4つの質問を通して、常にゴールとそれを達成するための行動を心掛ける。

 冒頭で述べたが、この問答は一週間に1度実施ことを勧めする。週末に自身を振り返り、翌週に実行する次の一手を書き出してほしい。週明けからすぐに行動に移すことができる。

 4つの質問を繰り返すことで、ちょっとした失敗や成功について必要以上に気をとられなくなる。「失敗した→それでは次は何をしたらいいのか」、「成功した→次は何をすればいいのか」という思考回路になる。次を意識するようになり、3カ月先、6カ月先のゴールをイメージしながら行動するようになる。

 常に先々のことを意識していると、緊急ではないけれど重要な仕事(第二象限の仕事)が明確になる。緊急かつ重要な仕事(第一象限の仕事)ばかりに追われていると、成果は出にくい。リーダーは第二象限の仕事に注力すべきである。そのためにも4つの質問はとても有効である。

 次回は、4つの質問を組織で活用する方法を解説する。


プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆