ニュース
» 2008年12月25日 08時15分 公開

数字と正直に向き合う姿勢が経営者には必要ITmediaエグゼクティブ セミナーレポート(2/2 ページ)

[岡田靖,ITmedia]
前のページへ 1|2       

いつでも連結、どこでも連結

 取引明細データベース化は、具体的にどのような効果をもたらすのか。俵氏は事例を通じて紹介した。富士通では、仕訳集約された会計情報が経営の意思決定に使えないことを課題として、グループ全体での管理会計と財務会計の一致を目指して会計システムを刷新し、最小単位の明細で情報を持つことで計画と実績の明確な対比を可能にした。これが大手企業向け統合会計ソリューション「GLOVIA/SUMMIT」である。

 「当時、当社ではグループレベルで業務とモノと金と会計情報を一致させること、日次決算を実現することの2つがリアルタイムでの意思決定に必要とされた。そこで、明細レベルで積み上げたデータを持つことで、各フィールド、各プロダクトに売上高や原価など、それぞれの単位で切り出せるマトリックス経営を可能にした。さらに、グループの経営情報を統合することで、制度面での連結や事業セグメントごとの連結に加えて、グループ内の子会社や事業部門を結合したらどうなるかというシミュレーションも可能になった。『いつでも連結、どこでも連結』というわけだ」(俵氏)

取引明細データベース化で経営課題を解決

 顧客の事例も紹介した。GLOVIA/SUMMITを2000年に導入した製造業H社では、現預金残高を大きく圧縮することに成功した。導入から3年間で約3割、6年間で約2割にまで減少したという。

 「非常に精度・確度の高いキャッシュフロー管理を実現し、バッファーとしての現金を持つ必要がなくなったため、現預金残高を減らせるようになった。取引明細をきちんと持つことが鍵となっている」(俵氏)

 グローバルにグループを展開するある企業では、海外子会社のコントロール、グループ連結経営、案件別の粗利管理、間接業務の効率化という4つの課題を、GLOVIA/SUMMITの採用で解決した。この顧客は、「個々の取引を明細情報として把握して分析できなければ意味がない」と語っているという。

 さらに別の企業では、自社構築の会計システム「管理会計Web」に、GLOVIA/SUMMITに使われているデータウェアハウスFDWH(Financial DataWareHouse)を採用、「見える経営」を実現し、グループ組織再編に役立てているという。

 俵氏は、「FDWHに蓄積されたデータを、組織別・製品別・得意先別といった切り口で見ることができ、経営トップや現場のマネジャーがスピーディーな意思決定を行う上で、大きな効果が見込める」、「FDWHで明細データをすべて保持しているので、いちいち業務部門に問い合わせる必要がない。問題が解決するまでの時間は飛躍的に短くなる」といったユーザーのコメントを紹介した。

 会計処理の全明細を保管し、迅速かつ柔軟な分析が可能なシステムは、さらに将来的な広がりも期待されている。俵氏は最後に、富士通が取り組み始めている構想について触れた。

 「現場のオペレーションには、本当は指示を表す情報の流れがある。個々の業務行為の結果をきちんと蓄積しておけば、その連鎖を復元してとらえることが可能になる。その際、事実だけを正しく処理するような仕組みを作り、全取引の明細データ整合性の検証を行うことで、不正やエラーなどを防ぐほか、内部統制評価の支援にもつながるはずだ」(俵氏)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆